2級FP過去問解説(資産設計)2020年1月【問9】

問9

下記<資料>は増田一郎さんが所有する土地の登記事項証明書の一部である。この登記事項証明書に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 株式会社TK銀行からの借入れに係る抵当権の登記が記載されている欄(A)は、権利部の乙区である。
  2. 増田一郎さんが債務の弁済を怠った場合、株式会社TK銀行は、債権を回収するためにこの土地の競売を裁判所に申し立てることができる。
  3. この土地には株式会社TK銀行の抵当権が設定されているが、別途、ほかの金融機関が抵当権を設定することも可能である。
  4. 増田一郎さんが株式会社TK銀行への債務を完済した場合、当該抵当権の登記は自動的に抹消される。

[正解]  (不適切)

  1. 株式会社TK銀行からの借入れに係る抵当権の登記が記載されている欄(A)は、権利部の乙区である。
  2. [解説]
    登記の目的に「抵当権設定」とあるため、権利部の乙区だと判断できる。

  3. 増田一郎さんが債務の弁済を怠った場合、株式会社TK銀行は、債権を回収するためにこの土地の競売を裁判所に申し立てることができる。
  4. [解説]
    「権利者その他の事項」を見ると、抵当権者は株式会社TK銀行である。抵当権の権利者は、記載している債権額3,000万円が回収できない場合は、この土地の競売を裁判所に申し立てることができる。

  5. この土地には株式会社TK銀行の抵当権が設定されているが、別途、ほかの金融機関が抵当権を設定することも可能である。
  6. [解説]
    抵当権に複数の権利者を設定することはできる。なお、抵当権順位の高い方から債権を回収できるため、第2順位以降の抵当権の設定は回避されるのが一般的である。

  7. 増田一郎さんが株式会社TK銀行への債務を完済した場合、当該抵当権の登記は自動的に抹消される。
  8. [解説]
    抵当権は自動的に抹消されることはない。ローンを組む際には金融機関等が抵当権設定登記の手続きを行うため忘れがちだが、抹消手続きも行う必要がある。抹消手続きについては金融機関は行わないため、自ら行う必要がある。



<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...