2級FP過去問解説(資産設計)2020年1月【問10】

問10

建築基準法に従い、下記<資料>の甲土地に建物を建てる場合の建築面積の最高限度として、正しいものはどれか。なお、<資料>に記載のない条件については一切考慮しないこととする。

  1. 73.6㎡
  2. 105.6㎡
  3. 110.4㎡
  4. 115.2㎡

[正解]  (適切)

[解説]

建築面積の最高限度を求める問題であるため、建蔽率を使用する。
甲土地の前面道路は幅員3mであり、セットバックを要する旨の記載があるため、甲土地側・乙土地側に0.5mセットバックする必要がある。セットバックを考慮した甲土地の面積は、

 16m×(12m-0.5m)=184㎡

となる。次に建蔽率の緩和措置を考慮して適用する建蔽率を考える。建蔽率の緩和措置は次のとおり。

・防火地域、準防火地域内の耐火建築物 +10%
・特定行政庁が指定する角地 +10%
・建蔽率80%の防火地域内で耐火建築物 100%

本問では、いずれにも該当しないため、(指定)建蔽率である6/10を適用する。よって、建築面積の最高限度は、

 184㎡×6/10=110.4㎡



<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...