2級FP過去問解説(資産設計)2020年1月【問13】

問13

自動車損害賠償責任保険(以下「自賠責保険」という)に関する次の(ア)~(エ)の記述について、適切なものには○、不適切なものには×を解答欄に記入しなさい。

  1. 自賠責保険は、原則としてすべての自動車に加入が義務付けられており、未加入で走行した場合は法律で罰せられる。
  2. 死亡による損害に対する保険金の支払限度額は、被害者1人につき4,000万円である。
  3. 死亡に至るまでの傷害による損害に対する保険金の支払限度額は、被害者1人につき120万円である。
  4. 自賠責保険の保険料は、取り扱う損害保険会社や共済組合によって異なる。

[正解]
(ア)  (イ)  (ウ)  (エ) 


  1. 自賠責保険は、原則としてすべての自動車に加入が義務付けられており、未加入で走行した場合は法律で罰せられる。
  2. [解説]
    自賠責保険は、強制保険ともいわれ、原則としてすべての自動車に加入が義務付けられている。また未加入で走行した場合 は法律で罰せられる。

  3. 死亡による損害に対する保険金の支払限度額は、被害者1人につき4,000万円である。
  4. [解説]
    死亡による損害に対する保険金の支払限度額は、被害者1人につき3,000万円である。なお、後遺障害の場合は、程度に応じて75~4,000万円の範囲で補償される。

  5. 死亡に至るまでの傷害による損害に対する保険金の支払限度額は、被害者1人につき120万円である。
  6. [解説]
    肢のとおり、死亡に至るまでの傷害による損害に対する保険金の支払限度額は、被害者1人につき120万円 である。

  7. 自賠責保険の保険料は、取り扱う損害保険会社や共済組合によって異なる。
  8. [解説]
    自賠責保険の保険料は、どの損害保険会社や共済組合から加入しても同じである。

[要点のまとめ]

<自賠責保険>
1.保険金の限度額
(1) 死亡 3,000万円
(2) 傷害 120万円
(3) 後遺障害 75万円~4,000万円
2.保険の対象
対人賠償のみだが、任意保険で対象外となる親族も被害者保護の観点から補償の対象となる。
<任意自動車保険>
1.対人倍書保険
・親族は他人に該当せず、保障の対象外となる。
2.対物賠償保険
・自宅の壁や塀を壊した場合は対象外である。
3.人身傷害保険・搭乗者傷害保険
・保障内容は似ている部分があり、運転者や同乗者のケガが対象となる。
・人身傷害保険は、過失の有無にかかわらず実際の損害額が支払われる。
・搭乗者傷害保険は、症状や部位ごとに決められた金額が支払われる。
4.自損事故保険
・対物賠償保険は相手がいれば対象になるが、相手のいないガードレールにぶつかるなどしてケガをした場合に対応。
・運転者や同乗者の死傷を補償する。
5.車両保険
・単独事故などで相手がいない場合の自動車修理のための保険


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...