2級FP過去問解説(資産設計)2020年1月【問14】

問14

馬場寛之さんが契約している火災保険および地震保険(下記<資料>参照)に関する次の(ア)~(エ)の記述について、適切なものには○、不適切なものには×を解答欄に記入しなさい。なお、保険契約の内容は適正であり、かつ有効に継続しているものとする。また、<資料>に記載のない特約等については考慮しないものとする。

  1. 再調達価額とは、同等のものを新たに建築または購入するのに必要な金額から年月経過や消耗分を差し引いた金額のことである。
  2. 住宅内に保管していた時価25万円のダイヤモンドの指輪が盗難にあった場合、補償の対象とならない。
  3. 契約の目的である建物(時価500万円)が地震により大半損となった場合、地震保険から255万円の保険金が支払われる。
  4. 馬場さんがベランダから誤って物を落とし、歩道を通行中の他人にケガを負わせた場合の損害賠償責任について、補償の対象となる。

*(ウ)は、問題不備。


[正解]
(ア)  (イ)  (ウ) * (エ) 

  1. 再調達価額とは、同等のものを新たに建築または購入するのに必要な金額から年月経過や消耗分を差し引いた金額のことである。
  2. [解説]
    再調達価格とは、建物や家財と同等なものを新たに建築したり、購入したりするための金額のことで、新価ともいう。同等のものを新たに建築または購入するのに必要な金額から年月経過や消耗分を差し引いた金額は時価額という。

  3. 住宅内に保管していた時価25万円のダイヤモンドの指輪が盗難にあった場合、補償の対象とならない。
  4. [解説]
    火災保険の明記物件に関する問題である。ダイヤモンドの指輪は家財に該当する。火災保険では、貴金属や宝石等1個(1組)の価額が30万円を超える場合は、明記物件として申告しなければならない。ダイヤモンドの指輪は時価25万円であり、30万円以下であるため、明記物件として申告する必要はない。

  5. 契約の目的である建物(時価500万円)が地震により大半損となった場合、地震保険から255万円の保険金が支払われる。
  6. [解説]
    地震保険の保険金額は、火災保険の30%~50%の範囲内で設定できる。地震を原因とする損害に対する補償金額は記載されており、建物であれば425万円、家財であれば225万円となる(この金額を30%~50%にする必要はない)。保険金は損害の程度に応じて保険金が支払われ、「全損」であれば100%だが、「大半損」は60%、「小半損」は30%、「一部損」は5%となる(それぞれ限度額がある)。本問では、「大半損」なので、保険金額425万円の60%である、255万円が支払われる保険金額となる。ここまで覚える必要はない(そのため問題の不備により全員正解となった)。

  7. 馬場さんがベランダから誤って物を落とし、歩道を通行中の他人にケガを負わせた場合の損害賠償責任について、補償の対象となる。
  8. [解説]
    個人賠償責任保険は、日常生活における事故で、他人にケガを負わせたり、ものを壊したりして損害賠償責任を負った場合に備える保険で、歩道を通行中の他人にケガを負わせた場合は個人賠償責任保険の対象となる。


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...