2級FP過去問解説(資産設計)2020年1月【問18】

問18

会社員の長岡さんは、妻と子ども2人の4人家族である。2019年中における長岡さんの合計所得金額が930万円、妻の合計所得金額が100万円である場合、長岡さんの2019年分の配偶者控除または配偶者特別控除の金額として、正しいものはどれか。なお、長岡さんの妻は、長岡さんと生計を一にしており、老人控除対象配偶者には該当しない。また、長岡さんと妻は内縁関係ではない。

  1. 配偶者控除 26万円 配偶者特別控除 0円
  2. 配偶者控除 0円   配偶者特別控除 18万円
  3. 配偶者控除 0円   配偶者特別控除 14万円
  4. 配偶者控除 0円   配偶者特別控除 0円

[正解]  (適切)

[解説]

配偶者控除は、納税者と配偶者の合計所得金額から、早見表を使って求めることができる。妻の合計所得金額が38万円未満であれば配偶者控除となるが、38万円超になると配偶者特別控除となる。<配偶者特別控除額(所得税)の早見表>から、配偶者特別控除額18万円(納税者900万円超950万円以下と配偶者95万円超100万円以下)であることが分かる。


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...