2級FP過去問解説(資産設計)2020年1月【問22】

問22

下記<資料>の宅地(貸家建付地)に係る路線価方式による相続税評価額の計算式として、正しいものはどれか。

  1. 300,000円×1.00×300㎡
  2. 300,000円×1.00×300㎡×70%
  3. 300,000円×1.00×300㎡×(1-70%)
  4. 300,000円×1.00×300㎡×(1-70%×30%×100%)

[正解]  (適切)

[解説]

宅地(貸家建付地)に係る路線価方式による相続税評価額の計算式についての問題である。貸家建付地は、自分の土地に建物を建て、他人に貸している場合の土地である。そのため、土地と建物を他人に貸していることから、借地権と借家権が発生すると判断できる。
 
 貸家建付地の
自用地評価額×(1-借地権割合✕借家権割合✕賃貸割合)

[要点のまとめ]

<宅地の評価>

自用地土地の所有者が自分で使用している宅地路線価方式(又は倍率方式)で計算した評価額
借地権Aさん(貸主)がBさん(借主)に土地を貸して建物を建てたときのBさん(借主)の権利自用地評価額×借地権割合
貸宅地Aさん(貸主)がBさん(借主)に土地を貸して建物を建てたときのAさん(貸主)の権利自用地評価額×(1-借地権割合)
貸家建付地Aさんが自分の土地に建物を建ててBさんに貸した場合のAさん(貸主)の権利自用地評価額×(1-借地権割合✕借家権割合✕賃貸割合)


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...