2級FP過去問解説(資産設計)2020年1月【問31】

【第9問】下記の(問29)~(問34)について解答しなさい。



問31

進太郎さんが契約している定期保険Aに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 進太郎さんが支払う定期保険Aの保険料は、一般の生命保険料控除の対象となる。
  2. 進太郎さんが中途解約した際に受け取る解約返戻金は、所得税の課税対象となる。
  3. 進太郎さんが余命6ヵ月以内と診断されて受け取るリビングニーズ特約保険金は、所得税の課税対象となる。
  4. 進太郎さんが死亡し江里子さんが受け取る死亡保険金は、相続税の課税対象となる。

[正解]  

  1. 進太郎さんが支払う定期保険Aの保険料は、一般の生命保険料控除の対象となる。
  2. [解説]
    一般の生命保険料控除の対象は、保険金等の受取人のすべてを、その保険料等の払込みをする人またはその配偶者その他の親族とするものである。保険契約者(保険料負担者)は進太郎さんで、保険金受取人は妻の江里子さんなので、要件を満たしている。また保険料控除は、一般の生命保険料控除、介護医療保険料控除、個人年金保険料控除があり、定期保険は一般の生命保険料控除に該当する。

  3. 進太郎さんが中途解約した際に受け取る解約返戻金は、所得税の課税対象となる。
  4. [解説]
    適切である。解約返戻金の額は一時所得であり、次の式で求める。
      解約返戻金の額-保険料総額-50万円

  5. 進太郎さんが余命6ヵ月以内と診断されて受け取るリビングニーズ特約保険金は、所得税の課税対象となる。
  6. [解説]
    不適切である。リビングニーズ特約の適用で受け取った保険金は、所得税の課税対象外である。

  7. 進太郎さんが死亡し江里子さんが受け取る死亡保険金は、相続税の課税対象となる。
  8. [解説]
    適切である。進太郎さんが死亡し江里子さんが死亡保険金を受け取った場合、その死亡保険金は相続税の課税対象となる。


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...