2級FP過去問解説(資産設計)2020年1月【問36】

【第10問】下記の(問35)~(問40)について解答しなさい。




問36

貴博さんが2020年1月1日に死亡した場合の相続税の総額として、正しいものはどれか。なお、相続税の課税対象となる財産の課税価格は、下記<資料>のとおりであるものとし、計算に当たっては、下記<計算過程>に従って計算すること。また、相続を放棄した者はいないものとする。

<資料>
死亡保険金:設例[資料3]に基づき計算
死亡保険金以外の財産:9,000万円
※「小規模宅地等に係る相続税の課税価格の計算の特例」については考慮しないこと。
<計算過程>
① 相続税の課税価格の合計額を計算
② 相続税の課税価格の合計額から基礎控除を差し引き、課税遺産総額を算出
③ 課税遺産総額を各法定相続人が法定相続分に応じて取得したものとして、それぞれの取得金額を
計算
④ それぞれの取得金額に対して相続税の速算表を適用
⑤ 上記④で算出された税額を合計し、相続税の総額を算出

  1. 1,040万円
  2. 1,070万円
  3. 1,240万円
  4. 1,320万円

[正解]  

[解説]

相続税の総額を<計算過程>に従って求める問題である。
① 相続税の課税価格の合計額を計算
 相続税の課税価格を算出する。相続や遺贈などで取得した財産や生命保険金などのみなし相続財産などの合計額から非課税財産や債務・葬儀費用を差し引いて求める。本問では、「死亡保険金以外の財産9,000万円」と「死亡保険金(非課税額控除後)」を合計すればよい。
 
生命保険金の非課税限度額は、「500万円×法定相続人の数」で求める。Ⅱ飯田家の親族関係図から法定相続人は、配偶者(妻)の友里さんと直系尊属(母)の昌子さんの2人なので、生命保険の非課税限度額は、
 500万円×2=1,000万円
となる。死亡保険金は、定期保険特約付終身保険Aの3,300万円と医療保険Cの100万円なので、非課税限度額を差し引くと、相続税の課税価格の合計額に算入する死亡保険金の額(みなし相続財産の額)は、
 3,300万円+100万円-1,000万円=2,400万円
となる。

よって、相続税の課税価格の合計額は、
 9,000万円+2,400万円=11,400万円
となる。

② 相続税の課税価格の合計額から基礎控除を差し引き、課税遺産総額を算出
 基礎控除を求めるには、法定相続人の数を考える必要がある。法定相続人は、妻の友里さんと母の昌子さんの2人である。基礎控除額は、「3,000万円+600万円×法定相続人の数」で求めるので、
 3,000万円+600万円×2=4,200万円
が基礎控除額となる。よって、課税遺産総額は、
 11,400万円-4,200万円=7,200万円
となる。
③ 課税遺産総額を各法定相続人が法定相続分に応じて取得したものとして、それぞれの取得金額を 計算
 法定相続人の法定相続分を求める。法定相続人は妻と母なので、妻が2/3、母が1/3となる。よって、それぞれの取得金額は、
 妻 7,200万円×2/3=4,800万円
 母 7,200万円×1/3=2,400万円
となる。
④ それぞれの取得金額に対して相続税の速算表を適用
 <相続税の速算表>より、各法定相続人の相続税額を求める。
 妻 4,800万円×20%-200万円=760万円
 母 2,400万円×15%-50万円=310万円
⑤ 上記④で算出された税額を合計し、相続税の総額を算出
 ④を合計した相続税の総額は、
760万円+310万円=1,070万円
となる。



<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...