2級FP過去問解説(資産設計)2020年1月【問38】

【第10問】下記の(問35)~(問40)について解答しなさい。




問38

友里さんは、貴博さんが万一死亡した場合の公的年金の遺族給付について、FPの安藤さんに質問をした。仮に貴博さんが2023年4月に58歳で死亡した場合、友里さんが受給できる遺族給付に関する次の(ア)~(エ)の記述について、正しいものには○、誤っているものには×を解答欄に記入しなさい。なお、貴博さんは、大学卒業後22歳で就職してから2020年4月に退職するまで継続して厚生年金の被保険者であり、その後死亡するまでは国民年金の第1号被保険者として保険料を納付していたものとする。また、貴博さんと友里さんに子どもはおらず、記載以外の遺族給付の受給要件はすべて満たしているものとする。

  1. (ア)貴博さんの死亡時点において、友里さんは遺族基礎年金と遺族厚生年金(中高齢寡婦加算額を含む)を受け取ることができる。
  2. (イ)貴博さんが死亡したことにより、友里さんが65歳に達するまで受給できる遺族厚生年金の額(中高齢寡婦加算額を除く)は、貴博さんの厚生年金被保険者期間に基づく老齢厚生年金の報酬比例部分の年金額の4分の3に相当する額となる。
  3. (ウ)友里さんに遺族給付の受給権が発生し、その後、老齢給付の受給権が発生した場合、友里さんは65歳前においては遺族給付と老齢給付の両方を同時に受給することはできない。
  4. (エ)友里さんに遺族厚生年金の受給権が発生し、その後、老齢基礎年金と老齢厚生年金の受給権が発生した場合、友里さんは65歳以後において遺族厚生年金の全額を受け取ることができる。

[正解]
(ア)  (イ)  (ウ)  (エ) 

[解説]

(ア) 遺族基礎年金は子か子のある配偶者が受給でき、子とは18歳到達年度の末日の子を指す。貴博さんと友里さんには子がいないため、遺族基礎年金は支給されない。また遺族厚生年金は、(イ)で支給されることが前提となっているため、遺族基礎年金だけ問われていると考えられる。なお貴博さんは、老齢厚生年金の受給資格期間(10年以上)を満たしており、「記載以外の遺族給付の受給要件はすべて 満たしているものとする」とあるので、生計維持関係があると考えられる

(イ)  友里さんが65歳に達するまで受給できる遺族厚生年金の額 (中高齢寡婦加算額を除く)は、貴博さんの厚生年金被保険者期間に基づく老齢厚生年金の報酬比例部分の年金額の「4分の3」に相当する額である。

(ウ)   これまで出題された言い回しではないため分かりにくいが、簡単に言えば、「65歳前」の支給事由が異なる2つ以上の年金が発生した場合の受給方法について問われている。これまで遺族給付を受けていた人が、特別支給の老齢厚生年金を受給できるようになった場合、どちらか一方を選択することになる。年金は1人1年金が原則で、2つ以上の年金を受けられる特例は65歳以上で適用される。ちなみに、友里さんは1964年(昭和39年)11月14日生まれなので、支給開始年齢は64歳となる。

(エ) (ウ)とも関連するが、65歳以降になればどちらか一方を選択するのではなく、「併給調整」として本人の老齢厚生年金が優先され、そのことにより減少してしまう分だけ、遺族厚生年金から支給される(遺族厚生年金より老齢厚生年金の年金額が高い場合は、遺族厚生年金は全額支給停止となる)。つまり、「遺族厚生年金の全額」を受け取れるわけではない。


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...