2級FP過去問解説(資産設計)2020年9月【問3】

問3

 細井さんは、退職後の公的年金の補完として利子や株主配当金、収益分配金などからの収入を考慮して金融商品を保有している。細井さんが保有する下記<資料>の金融商品に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

<資料>

債券(ア)個人向け国債10年500万円
国内上場株式(イ)KV株式(特定口座・源泉徴収あり)200株
国内上場株式(ウ)KW株式(少額投資非課税制度[NISA]口座)100株
投資信託(エ)KXファンド(毎月分配型)100万口
  1. (ア)の利率は、10年間固定である。
  2. (イ)の株主配当金は、特定口座内の譲渡損失と損益通算することができる。
  3. (ウ)の株主配当金を非課税で受け取るためには、株式数比例配分方式を選択する必要がある。
  4. (エ)の収益分配金は、運用状況によっては支払われない場合がある。

[正解]  (不適切)

[解説]

  • (ア)の利率は、10年間固定である。
  • [解説]
    不適切である。個人向け国債10年は、変動金利である。

  • (イ)の株主配当金は、特定口座内の譲渡損失と損益通算することができる。
  • [解説]
    適切である。株主配当金は、特定口座内であれば譲渡損失と損益通算することができる。

  • (ウ)の株主配当金を非課税で受け取るためには、株式数比例配分方式を選択する必要がある。
  • [解説]
    適切である。NISA口座では、株式数比例配分方式を選択すれば株主配当金を非課税で受け取ることができる。

  • (エ)の収益分配金は、運用状況によっては支払われない場合がある。
  • [解説]
    適切である。投資信託の収益分配金は、必ず支払われるわけではない。

[要点のまとめ]

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました