2級FP過去問解説(資産設計)2020年9月【問4】

問4

 安西さんと加瀬さんは、下記<資料>のとおり、KR株式会社の株式(以下「KR株式」という)を2020年3月から2020年7月において毎月10日(休業日の場合、翌営業日)に購入した。安西さんと加瀬さんのKR株式の取引に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、このほかにKR株式の取引はないものとし、手数料および税金は考慮しないものとする。また、購入株数は正しいものとする。

  • ・安西さんは株式累積投資制度で購入した。
  • ・加瀬さんは購入の都度、単元未満株投資制度で購入した。
  • ・KR株式は東京証券取引所に上場されている。
  • ・KR株式会社の本決算は3月末日である。
  • ・KR株式の2020年3月期の期末株主配当金は、1株当たり80円であった。

  1. 安西さんは、2020年に開催される定時株主総会の議決権を持たない。
  2. 安西さんの平均購入単価は、加瀬さんの平均購入単価よりも低くなっている。
  3. 加瀬さんは、2020年3月期の期末株主配当金として、320円(税引前)を受け取ることができる。
  4. 加瀬さんは、保有株式数が単元株数以上になるまで売却できない。

[正解]  (不適切)

[解説]

  1. 安西さんは、2020年に開催される定時株主総会の議決権を持たない。
  2. [解説]
    適切である。単元株数は100株であり、単元未満株しか保有していない安西さんに議決権は付与されない。

  3. 安西さんの平均購入単価は、加瀬さんの平均購入単価よりも低くなっている。
  4. [解説]
    適切である。安西さんは、累積投資で毎月一定額にて購入しているため、一定の株式を購入するよりも平均を低く抑えることができる。

  5. 加瀬さんは、2020年3月期の期末株主配当金として、320円(税引前)を受け取ることができる。
  6. [解説]
    適切である。加瀬さんの購入株数は4株で、単元未満であっても配当金を受け取ることができる。

  7. 加瀬さんは、保有株式数が単元株数以上になるまで売却できない。
  8. [解説]
    不適切である。単元未満株でも売却できる。

[要点のまとめ]

解説者

FPオフィスベストライフ代表。CFP®認定者・宅建士(未登録)などの資格を保有し、個人相談や執筆業務を行っています。FP資格関連では、LEC東京リーガルマインド、職業訓練校、アガルートなどでFP講師、FP資格の解説本を執筆・校閲した経験があります。
※誤字脱字・解答解説ミスなどございましたら、ページ下よりご報告いただけると幸いです。

FP試験研究所をフォローする
2級FP/2020年9月(資産設計)
FP講師による【2級FP】過去問解答解説
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました