2級FP過去問解説(資産設計)2020年9月【問7】

問7

 公的な土地評価に関する下表の空欄(ア)~(エ)にあてはまる語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。

価格の種類公示価格基準地標準価格固定資産税評価額相続税路線価
所管国土交通省都道府県市町村(東京23区は東京都)国税庁
評価時点毎年1月1日毎年( ア )原則として基準年度の 前 年 1 月 1 日 。( イ )に1度評価替え毎年1月1日
評価割合公示価格の( ウ )程度公示価格の( エ )程度
目的・一般の土地取引の指標
・公共事業用地の適正補償額の算定基準
・国土利用計画法による土地取引の適正かつ円滑な実施
・一般の土地取引の指標
固定資産税等の課税のため相続税や贈与税の課税のため
  1. (ア)4月1日 (イ)2年 (ウ)7割 (エ)8割
  2. (ア)4月1日 (イ)3年 (ウ)8割 (エ)7割
  3. (ア)7月1日 (イ)2年 (ウ)8割 (エ)7割
  4. (ア)7月1日 (イ)3年 (ウ)7割 (エ)8割

[正解]  (適切)

[解説]

価格の種類公示価格基準地標準価格固定資産税評価額相続税路線価
所管国土交通省都道府県市町村(東京23区は東京都)国税庁
評価時点毎年1月1日毎年( ア 7月1日原則として基準年度の 前 年 1 月 1 日 。( イ 3年 )に1度評価替え毎年1月1日
評価割合公示価格の( ウ 7割 )程度公示価格の( エ 8割 )程度
目的・一般の土地取引の指標
・公共事業用地の適正補償額の算定基準
・国土利用計画法による土地取引の適正かつ円滑な実施
・一般の土地取引の指標
固定資産税等の課税のため相続税や贈与税の課税のため

[要点のまとめ]

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました