2級FP過去問解説(資産設計)2020年9月【問8】

問8

下記<資料>は沼田雅史さんが所有する土地の登記事項証明書の一部である。この登記事項証明書に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 上記<資料>から、抵当権の設定当時、沼田雅史さんがこの土地の所有者であったことが確認できる。
  2. この土地には株式会社TS銀行の抵当権が設定されているため、別途、ほかの金融機関が抵当権を設定することはできない。
  3. 沼田雅史さんが株式会社TS銀行への債務を完済すると、当該抵当権の登記は自動的に抹消される。
  4. 沼田雅史さんが債務の弁済を怠った場合、株式会社TS銀行は、債権を回収するためにこの土地の競売を裁判所に申し立てることができる。

[正解]  (適切)

[解説]

  1. 上記<資料>から、抵当権の設定当時、沼田雅史さんがこの土地の所有者であったことが確認できる。
  2. [解説]
    不適切である。沼田雅史さんは債務者である。権利部(乙区)には所有権の記載はない。

  3. この土地には株式会社TS銀行の抵当権が設定されているため、別途、ほかの金融機関が抵当権を設定することはできない。
  4. [解説]
    不適切である。すでに抵当権が設定されていても、別途、抵当権を設定することができる。

  5. 沼田雅史さんが株式会社TS銀行への債務を完済すると、当該抵当権の登記は自動的に抹消される。
  6. [解説]
    不適切である。沼田雅史さんが株式会社TS銀行への債務を完済したあと、沼田雅史さんが登記抹消の手続きを行わなければならない。

  7. 沼田雅史さんが債務の弁済を怠った場合、株式会社TS銀行は、債権を回収するためにこの土地の競売を裁判所に申し立てることができる。
  8. [解説]
    適切である。沼田雅史さんが債務の弁済を怠った場合、株式会社TS銀行は、債権を回収するためにこの土地の競売を裁判所に申し立てることができる。

[要点のまとめ]

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました