2級FP過去問解説(資産設計)2020年9月【問27】

【第8問】下記の(問26)~(問28)について解答しなさい。


問27

杉野さんは、現在、老後の生活資金として2,000万円を保有している。これを25年間、年利1.0%で複利運用しながら毎年1回、年末に均等に取り崩すこととした場合、毎年年末に取り崩すことができる最大金額はいくらになるか。


[正解] 900,000 (円)

[解説]

複利で運用しながら元本を取り崩す場合の毎年の受取額や毎年のローンの返済額を求めるためには、資本回収係数を使う。
 2,000万円 × 0.045 = 900,000円


[要点のまとめ]

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました