2級FP過去問解説(資産設計)2020年9月【問37】

【第10問】下記の(問35)~(問40)について解答しなさい。



問37

 下記<資料>は、公一さんおよび青山商店のPT銀行(日本国内に本店のある普通銀行)における金融資産残高である。この時点でPT銀行が破綻した場合、公一さんがPT銀行に保有している<資料>の金融資産のうち、預金保険制度によって保護される金額の上限額として、正しいものはどれか。なお、預金利息については考慮しないこと。また、公一さんおよび青山商店は、PT銀行からの借入れはない。

<資料>

[名義:青山公一]
 普通預金:110万円(決済用預金ではない)
 定期預金:340万円
 外貨預金:220万円

[名義:青山商店 青山公一]
 当座預金:120万円
 定期預金:500万円

  1. 1,000万円
  2. 1,070万円
  3. 1,120万円
  4. 1,290万円

[正解]  (適切)

[解説]

公一さんは自営業者であるため、本人名義と商店名義の口座は名寄せされる。またPT銀行からの借入がないため、差し引かれることはない。
・当座預金 120万円
 全額保護される
・普通預金110万円 + 定期預金340万円 + 定期預金500万円
 = 950万円
 外貨預金は預金保険制度の対象外である。
よって、120万円 + 950万円 = 1,070万円 となる。

[要点のまとめ]

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました