2級FP過去問解説(資産設計)2021年1月【問4】

問4

 下記<資料>について、この企業の株価が2,260円である場合、2020年11月期通期の業績予想ベースにおける次の記述の空欄(ア)、(イ)にあてはまる数値を語群の中から選び、解答欄に記入しなさい。なお、解答に当たっては、小数点以下第3位を四捨五入すること。

  1. ・PER(株価収益率)は( ア )倍である。
  2. ・配当性向は( イ )%である。

<語群>
1.77  1.99  17.29  18.10
22.29  30.60  34.42  39.46


[正解]
(ア) 22.29(倍) (イ) 39.46(倍)

[解説]

・PER(株価収益率)は( ア 22.29 )倍である。
 PER(株価収益率)(倍)は、株価が1株当たり当期純利益の何倍であるかを示す指標で、「株価 ÷ 1株あたり純利益(EPS)」で求める。同業他社と比べPERが低い銘柄は割安と判断する。
 株価 ÷ 1株あたり純利益(EPS)
 = 2,260円 ÷ 101.37円
 = 22.29456・・・
・配当性向は( イ 39.46 )%である。
 配当性向(%)は、純利益に対する配当金の割合で、企業が純利益からどのくらい配当金を出しているかをみるための指標である。「配当金総額 ÷ 税引後当期純利益 × 100」で求める。ここではそれぞれ「1株あたり」の金額で計算すればよい。
 配当金総額 ÷ 税引後当期純利益 × 100
 = 40円 ÷ 101.37円 × 100
 = 39.459・・・

[要点のまとめ]

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました