2級FP過去問解説(資産設計)2021年1月【問5】

問5

 下記<資料>に関する次の記述の空欄(ア)、(イ)にあてはまる語句の組み合わせとして、正しいものはどれか。

<資料>

[販売用資料]
TA株式会社 2024年1月25日満期 米ドル建て社債
期間   3年
利率   年1.70%(米ドルベース)
売出期間 2021年1月12日~2021年1月25日

[売出要項]
売出価格   額面金額の100%
お申込み単位 額面金額1,000米ドル単位
利払日    毎年3月、9月の各26日(利払い日が休日の場合は翌営業日)/年2回
受渡日    2021年1月26日
償還日    2024年1月26日
格付     BBB(スタンダード・アンド・プアーズ[S&P]社)

  1. ・ 適用される為替レート(1米ドル)が110.00円の場合、この債券の最低単位の購入代金は( ア )となる。
  2. ・この債券は( イ )に分類される。
  1. (ア) 11万円   (イ)投資適格債
  2. (ア) 11万円   (イ)投機的格付債
  3. (ア)110万円  (イ)投資適格債
  4. (ア)110万円  (イ)投機的格付債

[正解]  (適切)

[解説]

(ア) 申込単位が額面金額1,000米ドル単位であるため、最低単位は1,000米ドルとなる。
 1,000米ドル × 110円 = 11万円
(イ) 格付けは、BBB(トリプルビー)であるため、投資適格債である。


[要点のまとめ]

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました