2級FP過去問解説(資産設計)2021年1月【問13】

問13

 平尾良治さんが契約している生命保険(下記<資料>参照)に関する次の(ア)~(エ)の記述について、適切なものには〇を、不適切なものには×を解答欄に記入しなさい。

<資料:平尾良治さんが契約している生命保険契約の一覧>

  • (ア) 終身保険Aから平尾咲子さんが受け取る死亡保険金は、相続税の課税対象となる。
  • (イ) 特定疾病保障保険Bから平尾良治さんが受け取る死亡保険金は、相続税の課税対象となる。
  • (ウ) 定期保険Cから平尾太一さんが受け取る死亡保険金は、相続税の課税対象となる。
  • (エ) 養老保険Dから平尾良治さんが一時金として受け取る満期保険金は、一時所得として所得税の課税対象となる。

[正解]
(ア)  ○  (イ)  ×  (ウ)  ×  (エ)  ○ 

[解説]

  • (ア) 終身保険Aから平尾咲子さんが受け取る死亡保険金は、相続税の課税対象となる。
  • [解説]
    適切である。契約者・被保険者が平尾良治さんなので、平尾咲子さんが受け取る死亡保険金は、相続税の課税対象となる。

  • (イ) 特定疾病保障保険Bから平尾良治さんが受け取る死亡保険金は、相続税の課税対象となる。
  • [解説]
    不適切である。契約者・死亡保険金受取人が平尾良治さんなので、平尾良治さんが受け取る死亡保険金は、所得税の課税対象となる。

  • (ウ) 定期保険Cから平尾太一さんが受け取る死亡保険金は、相続税の課税対象となる。
  • [解説]
    不適切である。契約者・被保険者・死亡保険金受取人すべてが異なるので、尾太一さんが受け取る死亡保険金は、贈与税の課税対象となる。

  • (エ) 養老保険Dから平尾良治さんが一時金として受け取る満期保険金は、一時所得として所得税の課税対象となる。
  • [解説]
    適切である。契約者・満期保険金受取人が平尾良治さんなので、一時所得として所得税の課税対象となる。

[要点のまとめ]

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました