2級FP過去問解説(資産設計)2021年1月【問15】

問15

 杉山英雄さんが2020年中に支払った生命保険の保険料は下記<資料>のとおりである。この場合における英雄さんの2020年分の所得税における生命保険料控除の金額として、正しいものはどれか。なお、下記<資料>の保険について、これまでに契約内容の変更は行われていないものとする。また、2020年分の生命保険料控除額が最も多くなるように計算すること。

  1. 28,700円
  2. 50,000円
  3. 68,700円
  4. 74,900円

[正解]  (適切)

[解説]

終身保険の契約日は2010年1月12日であるため旧契約、医療保険の契約日は2017年9月14日であるため新契約に該当する。
・終身保険
 94,800円 × 1/4 + 25,000円
 = 48,700円
・医療保険
 32,400円 × 1/2 + 10,000円
 = 26,200円
・48,700円 + 26,200円
 = 74,900円


[要点のまとめ]

解説者

FPオフィスベストライフ代表。CFP®認定者・宅建士(未登録)などの資格を保有し、個人相談や執筆業務を行っています。FP資格関連では、LEC東京リーガルマインド、職業訓練校、アガルートなどでFP講師、FP資格の解説本を執筆・校閲した経験があります。
※誤字脱字・解答解説ミスなどございましたら、ページ下よりご報告いただけると幸いです。

FP試験研究所をフォローする
2級FP/2021年1月(資産設計)
FP講師による【2級FP】過去問解答解説
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました