2級FP過去問解説(資産設計)2021年1月【問20】

問20

 五十嵐智子さん(50歳)は、2020年11月に夫から居住用不動産(財産評価額3,500万円)の贈与を受けた。智子さんが贈与税の配偶者控除の適用を受けた場合の2020年分の贈与税額として、正しいものはどれか。なお、2020年においては、このほかに智子さんが受けた贈与はないものとする。また、納付すべき贈与税額が最も少なくなるように計算すること。

  1. 3,660,000円
  2. 4,100,000円
  3. 4,505,000円
  4. 5,000,000円

[正解]  (適切)

[解説]

・贈与税の配偶者控除と基礎控除を併用することができる。よって、控除額は、
  2,000万円 + 110万円 = 2,110万円
 となる。
・課税される課税価格
 3,500万円 – 2,110万円 = 1,390万円
・夫からの贈与なので、直系尊属ではない。よって、速算表(ロ)を参照する。
 1,390万円 × 45% – 175万円 = 450.5万円 


[要点のまとめ]

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました