2級FP過去問解説(資産設計)2021年1月【問21】

問21

 相続税における「小規模宅地等の評価減の特例」に関する下表の空欄(ア)~(ウ)に入る正しい数値を語群の中から選び、その数値を解答欄に記入しなさい。なお、同じ数値を何度選んでもよいこととする。

宅地等の区分適用限度面積減額割合
特定事業用宅地等( ア )㎥80%
特定居住用宅地等( イ )㎥80%
特定同族会社事業用宅地等400㎥80%
貸付事業用宅地等200㎥( ウ )%

<語群>
50  80  100  200  240  300  330  400


[正解]   (不適切)
[正解]
(ア)  400 (㎥) (イ)  330 (㎥) (ウ)  50 (%)

[解説]

宅地等の区分適用限度面積減額割合
特定事業用宅地等ア 400 )㎥80%
特定居住用宅地等イ 330 )㎥80%
特定同族会社事業用宅地等400㎥80%
貸付事業用宅地等200㎥ウ 50 )%

[要点のまとめ]

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました