2級FP過去問解説(資産設計)2021年1月【問26】

【第8問】下記の(問26)~(問28)について解答しなさい。


問26

 岡さんは、将来の生活費の準備として新たに積立てを開始する予定である。毎年年末に40万円を積み立てるものとし、30年間、年利1.0%で複利運用しながら積み立てた場合、30年後の合計額はいくらになるか。


[正解] 13,914,000 (円)

[解説]

毎年年末に40万円を積み立てるものとし、30年間、年利1.0%で複利運用しながら積み立てた場合の30年後の合計額を求めるためには、年金終価係数を使う。
 40万円 × 34.785 = 13,914,000円


[要点のまとめ]

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました