2級FP過去問解説(資産設計)2021年1月【問29】

【第9問】下記の(問29)~(問34)について解答しなさい。



問29

 三四郎さんは、現在居住している自宅の住宅ローン(全期間固定金利、返済期間35年、元利均等返済、ボーナス返済なし)の繰上げ返済を検討しており、FPの谷口さんに質問をした。三四郎さんが住宅ローンを120回返済後に、100万円以内で期間短縮型の繰上げ返済をする場合、この繰上げ返済により軽減される返済期間として、正しいものはどれか。なお、計算に当たっては、下記<資料>を使用し、繰上げ返済額は100万円を超えない範囲での最大額とすること。また、繰上げ返済に伴う手数料等は考慮しないものとする。

  1.   9ヵ月
  2. 1年3ヵ月
  3. 1年4ヵ月
  4. 1年5ヵ月

[正解]  (適切)

[解説]

・120回後の残高
 25,009,500円
・100万円以内で100万円を超えない範囲
 24,033,332円
 25,009,500円 – 24,033,332円
= 976,168円
・121回から135回まで短縮される。
 135 – 121 + 1 = 15ヶ月
 よって、1年3ヶ月 である。


[要点のまとめ]

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました