2級FP過去問解説(資産設計)2021年1月【問32】

【第9問】下記の(問29)~(問34)について解答しなさい。



問32

 三四郎さんは、つみたてNISA(非課税累積投資契約に係る少額投資非課税制度)とiDeCo(個人型確定拠出年金)についてFPの谷口さんに質問をした。谷口さんがつみたてNISAとiDeCoの概要を説明する際に使用した下表の空欄(ア)~(エ)に入る正しい数値を語群の中から選び、その番号のみを解答欄に記入しなさい。

<つみたてNISAとiDeCoの概要>

つみたてNISAiDeCo
年間投資限度額および年間拠出限度額新規投資額で毎年( ア )万円原則として自営業者( イ )万円、公務員14.4万円など、加入者の区分によって異なる
運用資金の引出しいつでも引出し可原則( ウ )歳までは引出しができない
税制・所得控除の適用はない
・最長( エ )年間、運用益が非課税
・掛金全額が所得控除の対象となる
・ 運用益は非課税
・ 受取方法により、退職所得控除または公的年金等控除の対象となる
運用対象長期の積立・分散投資に適した一定の投資信託、ETF定期預金、生命保険、投資信託等

<語群>
1. 20  2. 24  3. 27.6  4. 40  5. 60
6. 65  7. 80  8. 81.6  9. 100 10. 120


[正解]
(ア)  4  (イ)  8  (ウ)  5  (エ)  1 

[解説]

つみたてNISAiDeCo
年間投資限度額および年間拠出限度額新規投資額で毎年( ア 40 )万円原則として自営業者( イ 81.6 )万円、公務員14.4万円など、加入者の区分によって異なる
運用資金の引出しいつでも引出し可原則( ウ 60 )歳までは引出しができない
税制・所得控除の適用はない
・最長( エ 20 )年間、運用益が非課税
・掛金全額が所得控除の対象となる
・ 運用益は非課税
・ 受取方法により、退職所得控除または公的年金等控除の対象となる
運用対象長期の積立・分散投資に適した一定の投資信託、ETF定期預金、生命保険、投資信託等


[要点のまとめ]

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました