2級FP過去問解説(資産設計)2021年1月【問33】

【第9問】下記の(問29)~(問34)について解答しなさい。



問33

 輝美さんは、三四郎さんが死亡した場合の公的年金の遺族給付について、FPの谷口さんに相談をした。仮に三四郎さんが、2021年1月に42歳で在職中に死亡した場合、三四郎さんの死亡時点において輝美さんが受け取ることができる公的年金の遺族給付の額として、正しいものはどれか。なお、遺族給付の額の計算に当たっては、下記<資料>の金額を使用することとする。

<資料>

遺族厚生年金の額:600,000円
中高齢寡婦加算額:586,300円(2020年度価額)
遺族基礎年金の額:781,700円(2020年度価額)
遺族基礎年金の子の加算額(対象の子1人当たり)
 第1子・第2子:224,900円(2020年度価額)
 第3子以降:75,000円(2020年度価額)

※三四郎さんは、20歳から大学卒業まで国民年金に加入し、大学卒業後の22歳から死亡時まで継続して厚生年金保険に加入しているものとする。
※家族に障害者に該当する者はなく、記載以外の遺族給付の受給要件はすべて満たしているものとする。

  1. 1,186,300円
  2. 1,381,700円
  3. 1,606,600円
  4. 2,192,900円

[正解]  (適切)

[解説]

・遺族厚生年金の額:600,000円
 三四郎さんは「20歳から大学卒業まで国民年金に加入し、大学卒業後の22歳から死亡時まで継続して厚生年金保険に加入している」ことから、受給できる。
・中高齢寡婦加算額:586,300円(2020年度価額)
 夫が死亡したときに40歳以上で子のない妻が受ける遺族厚生年金には、40歳から65歳になるまでの間、中高齢の寡婦加算(定額)が加算される。長男大貴さんは17歳で「子」に該当するため、遺族基礎年金が支給される。そのため、中高齢寡婦加算額は支給されない。
・遺族基礎年金の額:781,700円(2020年度価額)
 長男大貴さんは17歳で「子」に該当するため、遺族基礎年金が支給される。
・遺族基礎年金の子の加算額(対象の子1人当たり)
 第1子(長男大貴さん) 224,900円
・遺族給付額
 600,000円 + 781,700円 + 224,900円
 = 1,606,600円

[要点のまとめ]

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました