2級FP過去問解説(資産設計)2021年1月【問36】

【第10問】下記の(問35)~(問40)について解答しなさい。



問36

 正之さんは、勤務先の早期退職優遇制度を利用して2021年1月末に退職することを検討している。正之さんの退職に係るデータが下記<資料>のとおりである場合、正之さんの退職一時金に係る所得税額を計算しなさい。なお、正之さんは、「退職所得の受給に関する申告書」を適正に提出し、勤務先の役員であったことはなく、退職は障害者になったことに基因するものではないものとする。また、解答に当たっては、解答用紙に記載されている単位に従うこととし、所得控除および復興特別所得税については考慮しないこととする。


[正解] 985,500 (円)

[解説]

・勤続期間は32年9ヶ月なので、退職所得控除の勤続年数は33年で計算する。
・退職所得控除額
 800万円 + (33年 – 20年) × 70万円
 = 1,710万円
・退職所得
 (3,120万円 – 1,710万円) × 1/2 = 705万円
・所得税
 705万円 × 23% – 63.6万円
 = 98.55万円

[要点のまとめ]

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました