2級FP過去問解説(資産設計)2021年5月【問1】

問1

「個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法)」および「著作権法」に関する次の(ア)~(エ)の記述について、適切なものには○、不適切なものには×を解答欄に記入しなさい。

  1. (ア)個人情報取扱事業者が、本人との契約書を通じて、契約者本人の個人情報を取得する場合、原則として、契約締結前に本人に対し、個人情報の利用目的を明示しなければならない。
  2. (イ)個人情報は、生存する個人が特定できる情報であり、死者の情報は原則として対象外である。
  3. (ウ)著作権の保護に関し、公表された他人の著作物を自分の著作物に引用する場合、内容的に自ら作成する部分が「主」で引用部分が「従」でなければならない。
  4. (エ)著作権の保護に関し、生活者向け講演会において、他人の著作物をコピーして教材として使用する場合、参加費が無料であれば著作権者の許諾は必要ない。

[正解]
(ア)  (イ)  (ウ)  (エ) ×

[解説]

  1. (ア)個人情報取扱事業者が、本人との契約書を通じて、契約者本人の個人情報を取得する場合、原則として、契約締結前に本人に対し、個人情報の利用目的を明示しなければならない。
  2. [解説]
    適切である。契約者本人の個人情報を取得する場合、原則として、契約締結前に本人に対し、個人情報の利用目的を明示する必要がある。

  3. (イ)個人情報は、生存する個人が特定できる情報であり、死者の情報は原則として対象外である。
  4. [解説]
    適切である。個人情報は、生存する個人が特定できる情報であり、死者の情報は原則として対象外である。

  5. (ウ)著作権の保護に関し、公表された他人の著作物を自分の著作物に引用する場合、内容的に自ら作成する部分が「主」で引用部分が「従」でなければならない。
  6. [解説]
    適切である。著作権の保護に関し、公表された他人の著作物を自分の著作物に引用する場合、内容的に自ら作成する部分が「主」で引用部分が「従」でなければならない。自ら作成する部分が「主」であることをおさえておくこと。

  7. (エ)著作権の保護に関し、生活者向け講演会において、他人の著作物をコピーして教材として使用する場合、参加費が無料であれば著作権者の許諾は必要ない。
  8. [解説]
    不適切である。参加費が有料か無料かは関係なく、他人の著作物をコピーして教材として使用する場合、著作権者の許諾は必要である。

[要点のまとめ]

error:Content is protected !!