2級FP過去問解説(資産設計)2021年5月【問6】財形貯蓄制度

問6

財形貯蓄制度に関する下表の空欄(ア)~(エ)にあてはまる語句に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、復興特別所得税および非課税財形貯蓄の災害等の事由による非課税払出特例については考慮しないこととする。

  1. 1.(ア)にあてはまる語句は「年齢要件なし」である。
  2. 2.(イ)にあてはまる語句は「3年」である。
  3. 3.(ウ)にあてはまる語句は「385万円」である。
  4. 4.(エ)にあてはまる語句は「積立開始時からの利息相当分(差益部分)すべてが一時所得として総合課税となる」である。

[正解]  (適切)

[解説]

  1. 1.(ア)にあてはまる語句は「年齢要件なし」である。
  2. [解説]
    不適切である。(ア)にあてはまる語句は「満55歳未満」である。

  3. 2.(イ)にあてはまる語句は「3年」である。
  4. [解説]
    不適切である。(イ)にあてはまる語句は「5年」である。

  5. 3.(ウ)にあてはまる語句は「385万円」である。
  6. [解説]
    適切である。(ウ)にあてはまる語句は「385万円」である。

  7. 4.(エ)にあてはまる語句は「積立開始時からの利息相当分(差益部分)すべてが一時所得として総合課税となる」である。
  8. [解説]
    不適切である。(エ)にあてはまる語句は「積立開始時からの利息相当分(差益部分)について源泉分離課税となる」である。


[要点のまとめ]
財形貯蓄制度

2級FP過去問解答解説

2021年5月実施
資産設計

[2020年10月1日基準]

当サイトの運営者は、日本FP協会会員で、当サイトは、一般社団法人金融財政事情研究所よりファイナンシャル・プランニング技能試験の利用許諾を得ております。
【平成30年1月30日許諾番号1801K000003】≫金融財政事情研究会 ≫日本FP協会

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました