2級FP過去問解説(資産設計)2021年5月【問29】

【第9問】下記の(問29)~(問34)について解答しなさい。


荒木健司さんは、民間企業に勤務する会社員である。健司さんと妻の梨花さんは、今後の資産形成や家計の見直しなどについて、FPで税理士でもある福岡さんに相談をした。なお、下記のデータはいずれも2021年4月1日現在のものである。

氏名続柄生年月日年齢職業等
荒木 健司本人1985年10月13日35歳会社員(正社員)
梨花1986年12月26日34歳会社員(派遣社員)
長男2015年 7月15日5歳保育園児

[収入金額(2020年)]
健司さん:給与収入500万円。給与収入以外の収入はない。
梨花さん:給与収入400万円。給与収入以外の収入はない。
[自宅]
賃貸マンションに居住しており、家賃は月額9万円(管理費込み)である。
マイホームとして販売価格4,000万円(うち消費税200万円)のマンションを購入する予定である。
[金融資産(時価)]
健司さん名義
 銀行預金(普通預金):130万円
 銀行預金(定期預金):500万円
梨花さん名義
 銀行預金(普通預金):50万円
 銀行預金(定期預金):400万円
[負債]
健司さんと梨花さんに負債はない。
[保険]
低解約返戻金型終身保険A:保険金額300万円。保険契約者(保険料負担者)および被保険者は健司さんである。
団体定期保険B(加入検討中):保険金額2,000万円。保険契約者は健司さんの勤務先、保険料負担者および被保険者は健司さんである。

問29

荒木さん夫妻は、2021年6月にマンションを購入する予定である。荒木さん夫妻が<設例>のマンションを購入する場合の販売価格のうち、土地(敷地の共有持分)の価格を計算しなさい。なお、消費税の税率は10%とし、計算結果については万円未満を四捨五入すること。また、解答に当たっては、解答用紙に記載されている単位に従うこと。


[正解] 1,800 (万円)

[解説]

建物には消費税が課税され、土地には課税されないことから考える。
・200万円 ÷ 10% = 2,000万円
・建物の税込み価格は2,200万円
よって、土地の価格は1,800万円となる。


[要点のまとめ]

2級FP過去問解答解説

2021年5月実施
資産設計

[2020年10月1日基準]

当サイトの運営者は、日本FP協会会員で、当サイトは、一般社団法人金融財政事情研究所よりファイナンシャル・プランニング技能試験の利用許諾を得ております。
【平成30年1月30日許諾番号1801K000003】≫金融財政事情研究会 ≫日本FP協会

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました