2級FP過去問解説(資産設計)2021年5月【問30】

【第9問】下記の(問29)~(問34)について解答しなさい。


荒木健司さんは、民間企業に勤務する会社員である。健司さんと妻の梨花さんは、今後の資産形成や家計の見直しなどについて、FPで税理士でもある福岡さんに相談をした。なお、下記のデータはいずれも2021年4月1日現在のものである。

氏名続柄生年月日年齢職業等
荒木 健司本人1985年10月13日35歳会社員(正社員)
梨花1986年12月26日34歳会社員(派遣社員)
長男2015年 7月15日5歳保育園児

[収入金額(2020年)]
健司さん:給与収入500万円。給与収入以外の収入はない。
梨花さん:給与収入400万円。給与収入以外の収入はない。
[自宅]
賃貸マンションに居住しており、家賃は月額9万円(管理費込み)である。
マイホームとして販売価格4,000万円(うち消費税200万円)のマンションを購入する予定である。
[金融資産(時価)]
健司さん名義
 銀行預金(普通預金):130万円
 銀行預金(定期預金):500万円
梨花さん名義
 銀行預金(普通預金):50万円
 銀行預金(定期預金):400万円
[負債]
健司さんと梨花さんに負債はない。
[保険]
低解約返戻金型終身保険A:保険金額300万円。保険契約者(保険料負担者)および被保険者は健司さんである。
団体定期保険B(加入検討中):保険金額2,000万円。保険契約者は健司さんの勤務先、保険料負担者および被保険者は健司さんである。

問30

健司さんは、勤務先の会社を通じて加入する団体定期保険(任意加入型)について、FPの福岡さんに質問をした。福岡さんが行った団体定期保険(任意加入型)の一般的な説明として、最も不適切なものはどれか。

  1. 1.「一般に、従業員本人とともにその家族も加入できます。」
  2. 2.「保険料の支払いは、一般に給与天引きとなります。」
  3. 3.「申込みに際しては、会社の健康診断書データの提出が必要です。」
  4. 4.「1年ごとに更新を行うため、契約内容の見直しを毎年行うことができます。」

[正解]  (不適切)

[解説]

  1. 1.「一般に、従業員本人とともにその家族も加入できます。」
  2. [解説]
    適切である。一般に、従業員本人とともにその家族も加入できる。

  3. 2.「保険料の支払いは、一般に給与天引きとなります。」
  4. [解説]
    適切である。保険料の支払いは、一般に給与天引きとなる。

  5. 3.「申込みに際しては、会社の健康診断書データの提出が必要です。」
  6. [解説]
    不適切である。申込みに際しては、簡単な告知のみでの健康診断書などは不要である。

  7. 4.「1年ごとに更新を行うため、契約内容の見直しを毎年行うことができます。」
  8. [解説]
    適切である。1年ごとに更新を行うため、契約内容の見直しを毎年行うことができる。


[要点のまとめ]

error:Content is protected !!