2級FP過去問解説(資産設計)2021年5月【問34】

【第9問】下記の(問29)~(問34)について解答しなさい。


荒木健司さんは、民間企業に勤務する会社員である。健司さんと妻の梨花さんは、今後の資産形成や家計の見直しなどについて、FPで税理士でもある福岡さんに相談をした。なお、下記のデータはいずれも2021年4月1日現在のものである。

氏名続柄生年月日年齢職業等
荒木 健司本人1985年10月13日35歳会社員(正社員)
梨花1986年12月26日34歳会社員(派遣社員)
長男2015年 7月15日5歳保育園児

[収入金額(2020年)]
健司さん:給与収入500万円。給与収入以外の収入はない。
梨花さん:給与収入400万円。給与収入以外の収入はない。
[自宅]
賃貸マンションに居住しており、家賃は月額9万円(管理費込み)である。
マイホームとして販売価格4,000万円(うち消費税200万円)のマンションを購入する予定である。
[金融資産(時価)]
健司さん名義
 銀行預金(普通預金):130万円
 銀行預金(定期預金):500万円
梨花さん名義
 銀行預金(普通預金):50万円
 銀行預金(定期預金):400万円
[負債]
健司さんと梨花さんに負債はない。
[保険]
低解約返戻金型終身保険A:保険金額300万円。保険契約者(保険料負担者)および被保険者は健司さんである。
団体定期保険B(加入検討中):保険金額2,000万円。保険契約者は健司さんの勤務先、保険料負担者および被保険者は健司さんである。

問34

梨花さんは、健司さんが万一死亡した場合の公的年金の遺族給付について、FPの福岡さんに質問をした。健司さんが仮に、在職中の2021年5月に35歳で死亡した場合、健司さんの死亡時点において梨花さんが受け取ることができる遺族給付に関する次の記述の空欄(ア)〜(ウ)に入る適切な語句を語群の中から選び、その番号のみを解答欄に記入しなさい。なお、健司さんは、大学を卒業し22歳で現在の会社に就職してから死亡時まで継続して厚生年金保険に加入しているものとする。また、家族に障害者に該当する者はなく、記載以外の遺族給付の受給要件はすべて満たしているものとする。

「健司さんが2021年5月に死亡した場合、梨花さんには遺族基礎年金と遺族厚生年金が支給されます。梨花さんに支給される遺族基礎年金の額は、老齢基礎年金の満額に相当する額に翼さんを対象とする子の加算額を加えた額です。また、遺族厚生年金の額は、原則として死亡した者の被保険者期間に基づく老齢厚生年金の報酬比例部分相当額の( ア )に相当する額ですが、梨花さんに支給される遺族厚生年金は短期要件に該当するものであるため、健司さんの被保険者期間が( イ )に満たない場合は( イ )として計算されます。なお、翼さんが( ウ )到達年度の末日(3月31日)を経過すると梨花さんの遺族基礎年金は失権しますが、このとき梨花さんは40歳以上であるため、以後の遺族厚生年金に梨花さんが65歳に達するまでの間、中高齢寡婦加算額が加算されます。」

<語群>
1. 2分の1 2. 3分の2 3. 4分の3
4. 240月 5. 300月 6. 360月
7. 16歳 8. 18歳 9. 20歳


[正解]
(ア)  (イ)  (ウ)  

[解説]

「健司さんが2021年5月に死亡した場合、梨花さんには遺族基礎年金と遺族厚生年金が支給されます。梨花さんに支給される遺族基礎年金の額は、老齢基礎年金の満額に相当する額に翼さんを対象とする子の加算額を加えた額です。また、遺族厚生年金の額は、原則として死亡した者の被保険者期間に基づく老齢厚生年金の報酬比例部分相当額の( ア 4分の3 )に相当する額ですが、梨花さんに支給される遺族厚生年金は短期要件に該当するものであるため、健司さんの被保険者期間が( イ 300月 )に満たない場合は( イ 300月 )として計算されます。なお、翼さんが( ウ 18歳 )到達年度の末日(3月31日)を経過すると梨花さんの遺族基礎年金は失権しますが、このとき梨花さんは40歳以上であるため、以後の遺族厚生年金に梨花さんが65歳に達するまでの間、中高齢寡婦加算額が加算されます。」


[要点のまとめ]

error:Content is protected !!