2級FP過去問解説(資産設計)2021年5月【問39】

【第10問】下記の(問35)~(問40)について解答しなさい。



問39

隆行さんは、自分の老齢年金の受取り方について考えており、FPの三上さんに質問をした。老齢年金の繰上げおよび繰下げ受給に関する次の(ア)~(エ)の記述について、適切なものには○、不適切なものには×を解答欄に記入しなさい。

  1. (ア)老齢基礎年金と老齢厚生年金の繰上げ請求は、異なる時期に別々に行うことができる。
  2. (イ)老齢基礎年金と老齢厚生年金の繰下げ申出は、異なる時期に別々に行うことができる。
  3. (ウ)老齢基礎年金または老齢厚生年金の支給の繰下げによる年金額の増額率は、最大で30%となる。
  4. (エ)老齢基礎年金と併せて付加年金が受給できる場合であっても、付加年金については繰上げ受給により減額されることはなく、繰下げ受給により増額されることもない。

[正解]
(ア) × (イ)  (ウ) × (エ) ×

  1. (ア)老齢基礎年金と老齢厚生年金の繰上げ請求は、異なる時期に別々に行うことができる。
  2. [解説]
    不適切である。老齢基礎年金と老齢厚生年金の繰上げ請求は、同時に行う必要がある。

  3. (イ)老齢基礎年金と老齢厚生年金の繰下げ申出は、異なる時期に別々に行うことができる。
  4. [解説]
    適切である。老齢基礎年金と老齢厚生年金の繰下げ申出は、異なる時期に別々に行うことができる。

  5. (ウ)老齢基礎年金または老齢厚生年金の支給の繰下げによる年金額の増額率は、最大で30%となる。
  6. [解説]
    不適切である。老齢基礎年金または老齢厚生年金の支給の繰下げによる年金額の増額率は、最大で42%となる。

  7. (エ)老齢基礎年金と併せて付加年金が受給できる場合であっても、付加年金については繰上げ受給により減額されることはなく、繰下げ受給により増額されることもない。
  8. [解説]
    不適切である。付加年金についても繰上げ受給による減額、繰下げ受給による増額がある。

[要点のまとめ]

error:Content is protected !!