不動産と税金

2級FP/2021年5月(個人資産)

2級FP過去問解説(個人資産)2021年5月《問11》不動産と税金

【第4問】 次の設例に基づいて、下記の各問(《問10》~《問12》)に答えなさい。 設例  Aさん(60歳)は、3年前に父親の相続により取得したM市内(三大都市圏・...
2級FP/2021年5月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2021年5月【問題49】不動産と税金

問題49 居住用財産を譲渡した場合の3,000万円の特別控除(以下「3,000万円特別控除」という)および居住用財産を譲渡した場合の長期譲渡所得の課税の特例(以下「軽減税率の特例」という)に関する次の記述のうち、最も適切な...
2級FP/2021年5月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2021年5月【問題48】不動産と税金

問題48 個人が土地を譲渡した場合の譲渡所得等に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 譲渡所得のうち、土地を譲渡した日の属する年の1月1日における所有期間が5年以下のものについては、短期譲渡所得...
2級FP/2021年5月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2021年5月【問題47】不動産と税金

問題47 不動産の取得に係る税金に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 不動産取得税は、贈与により不動産を取得した場合であっても、その不動産の取得者に課される。 一定の要件を満たす戸建て住宅...
2級FP/2021年1月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2021年1月【問題48】

問題48 不動産の取得等に係る税金に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。 所定の要件を満たす戸建て住宅を新築した場合、不動産取得税の課税標準の算定に当たっては、1戸につき最高1,500万円を価格から控...
2級FP/2020年9月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2020年9月【問題48】

問題48 不動産に係る固定資産税および都市計画税に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 固定資産税の納税義務者は、年の中途にその対象となる土地または家屋を売却した場合であっても、その年度分の固定...
2級FP/2021年1月(個人資産)

2級FP過去問解説(個人資産)2021年1月 《問12》

【第4問】 次の設例に基づいて、下記の各問(《問10》~《問12》)に答えなさい。 設例  Aさん(55歳)は、自動車メーカーに勤務する会社員である。2020年10...
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました