企業年金等

2級FP/2021年5月(個人資産)

2級FP過去問解説(個人資産)2021年5月《問2》企業年金等

【第1問】 次の設例に基づいて、下記の各問(《問1》~《問3》)に答えなさい。 設例  Aさん(40歳)は、X株式会社を2019年5月末日に退職し、個人事業主として...
2級FP/2021年5月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2021年5月【問題8】企業年金等

問題8 確定拠出年金に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 国民年金の第1号被保険者のうち、国民年金保険料の納付を免除されている者は、障害基礎年金の受給権者等を除き、個人型年金に加入することがで...
2級FP/2021年1月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2021年1月【問題8】企業年金等

問題8 確定拠出年金の個人型年金に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 国民年金の第1号被保険者は、現時点で国民年金の保険料を納付していれば、過去に国民年金の保険料未納期間があっても、個人型年金に加...
2級FP/2020年9月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2020年9月【問題8】企業年金等

問題8 確定拠出年金に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 個人型年金の加入者が国民年金の第3号被保険者である場合、掛金の拠出限度額は年額276,000円である。 企業型年金において、加入者...
2級FP/2020年1月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2020年1月【問題7】企業年金等

問題7 確定拠出年金の個人型年金に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。 個人型年金は、いずれの運営管理機関であっても口座管理手数料や運用できる金融商品は同一である。 個人型年金の加入者期間が1...
2級FP/2020年9月(個人資産)

2級FP過去問解説(個人資産)2020年9月 《問2》企業年金等

【第1問】 次の設例に基づいて、下記の各問(《問1》~《問3》)に答えなさい。 設例  X株式会社(以下、「X社」という)に勤務するAさん(47歳)は、会社員の妻B...
2級FP/2019年9月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2019年9月【問題8】企業年金等

問題8 確定拠出年金に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 確定拠出年金の通算加入者等期間が10年以上である場合、老齢給付金は原則として60歳から受給することができる。 個人型年金の加入者が...
2級FP/2019年5月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2019年5月【問題8】企業年金等

問題8 確定拠出年金に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 個人型年金の加入者が国民年金の第3号被保険者である場合、掛金の拠出限度額は年額276,000円である。 国民年金の第1号被保険者は...
2級FP/2019年1月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2019年1月【問題8】企業年金等

問題8 次のうち、確定拠出年金の個人型年金の加入対象者とならないものはどれか。 国民年金の第3号被保険者 国民年金の第1号被保険者で国民年金保険料の納付が免除されている者(障害等級1・2級に該当する障害...
2級FP/2018年9月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2018年9月【問題7】企業年金等

問題7 確定拠出年金に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 個人型年金の加入者が国民年金の第1号被保険者である場合、掛金の拠出限度額は年額816,000円である。 個人型年金の加入者が国民年...
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました