2級FP過去問解説(学科)2019年9月【問題11】保険の見直し

問題11

 生命保険の保険料の払込みが困難になった場合に、保険契約を有効に継続するための方法に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 保険金額を減額することにより、保険料の負担を軽減する方法がある。
  2. 保険料を払い込まずに保険料払込猶予期間が経過した場合、保険会社が解約返戻金の範囲内で保険料を自動的に立て替えて、契約を有効に継続する自動振替貸付制度がある。
  3. 保険料の払込みを中止して、その時点での解約返戻金相当額を基に、元の契約の保険金額を変えずに一時払定期保険に変更する延長保険がある。
  4. 保険料の払込みを中止して、その時点での解約返戻金相当額を基に、元の契約よりも保険金額が少なくなる保険(元の主契約と同じ保険または養老保険)に変更する払済保険があり、特約はすべて継続される。

[正解]  (不適切)

  1. 保険金額を減額することにより、保険料の負担を軽減する方法がある。
  2. [解説]
    適切である。保険金額を減額することにより、保険料の負担を軽減する方法がある。ほかに優先順位の低い特約を解約する方法なども有効である。

  3. 保険料を払い込まずに保険料払込猶予期間が経過した場合、保険会社が解約返戻金の範囲内で保険料を自動的に立て替えて、契約を有効に継続する自動振替貸付制度がある。
  4. [解説]
    適切である。保険料を払い込まずに保険料払込猶予期間が経過した場合、利息が付くが、保険会社が解約返戻金の範囲内で保険料を自動的に立て替えて、契約を有効に継続する自動振替貸付制度がある。

  5. 保険料の払込みを中止して、その時点での解約返戻金相当額を基に、元の契約の保険金額を変えずに一時払定期保険に変更する延長保険がある。
  6. [解説]
    適切である。延長保険は、保険料の払込みを中止して、その時点での解約返戻金相当額を基に、元の契約の保険金額を変えずに一時払定期保険に変更する。なお、特約はすべて消滅する。

  7. 保険料の払込みを中止して、その時点での解約返戻金相当額を基に、元の契約よりも保険金額が少なくなる保険(元の主契約と同じ保険または養老保険)に変更する払済保険があり、特約はすべて継続される。
  8. [解説]
    不適切である。払済保険は、保険料の払込みを中止して、その時点での解約返戻金相当額を基に、元の契約よりも保険金額が少なくなる保険(元の主契約と同じ保険または養老保険)に変更するが、特約はすべて消滅する。


2級FP過去問解説(学科)2016年5月【問題12】保険の見直し

問題12

生命保険料の払込みが困難になった場合に、保険料の負担を軽減する方法に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 保険会社が解約返戻金の範囲内で保険料を自動的に貸し付けて、契約を有効に継続する自動振替貸付制度がある。
  2. 保険料払込期間の途中から保険金額を減額することにより、保険料の負担を軽減することができる。
  3. 保険料払込期間の途中で保険料の払込みを中止して、その時点での解約返戻金相当額をもとに、元契約の保険金額と同額の一時払定期保険に変更する延長保険がある。
  4. 保険料払込期間の途中で保険料の払込みを中止して払済保険に変更した場合、特約はすべて継続できる。

[正解]  (不適切)

  1. 保険会社が解約返戻金の範囲内で保険料を自動的に貸し付けて、契約を有効に継続する自動振替貸付制度がある。
  2. [解説]
    自動振替貸付制度は、解約返戻金の範囲内で保険料を自動的に貸し付ける制度である。

  3. 保険料払込期間の途中から保険金額を減額することにより、保険料の負担を軽減することができる。
  4. [解説]
    保険金額を途中で上げることはできないが、減額することはできる。

  5. 保険料払込期間の途中で保険料の払込みを中止して、その時点での解約返戻金相当額をもとに、元契約の保険金額と同額の一時払定期保険に変更する延長保険がある。
  6. [解説]
    延長保険は、解約返戻金をもとに、一時払定期保険に変更するもので、保険期間が短くなる。なお、特約は消滅する。

  7. 保険料払込期間の途中で保険料の払込みを中止して払済保険に変更した場合、特約はすべて継続できる。
  8. [解説]
    払済保険、延長保険ともに特約は消滅する。