2級FP過去問解説(資産設計)2019年5月【問5】収益分配金

問5

西山さんはHE投資信託を新規募集時に500万口購入し、特定口座(源泉徴収口座)で保有して収益分配金を受け取っている。下記<資料>に基づき、西山さんが保有するHE投資信託に関する次の記述の空欄(ア)、(イ)にあてはまる数値の組み合わせとして、正しいものはどれか

<資料>

[HE投資信託の商品概要(新規募集時)]
投資信託の分類:追加型国内公募株式投資信託
決算および収益分配:年1回
申込価格:1口当たり1円
申込単位:1万口以上1口単位
購入時手数料(税込み):購入金額1,000万円未満 2.70%
購入金額1,000万円以上 2.16%
運用管理費用(信託報酬)(税込み):純資産総額に対し年1.620%
信託財産留保額:1口につき解約請求日の翌営業日の基準価額に0.3%を乗じた額
[西山さんが保有するHE投資信託の収益分配金受取時の運用状況(1万口当たり)]
収益分配前の個別元本:10,000円
収益分配前の基準価額:13,000円
収益分配金:2,000円
収益分配後の基準価額:11,000円

・西山さんが、HE投資信託を新規募集時に500万口購入した際に、支払った購入時手数料(税込み)は( ア )円である。
・西山さんが保有するHE投資信託の収益分配金受領後の個別元本(1万口当たり)は( イ )円である。

  1. (ア)108,000 (イ) 8,000
  2. (ア)108,000 (イ)10,000
  3. (ア)135,000 (イ) 8,000
  4. (ア)135,000 (イ)10,000


[正解]  (適切)

[解説]

(ア)135,000(円)
収益分配前の個別元本1万口あたり10,000円の投資信託を500万口購入しているので、購入金額は500万円となる。
購入金額は1,000万円未満なので、<資料>から手数料は2.70%ととなる。
500万円✕2.70%=13.5万円
(イ)10,000(円)
個別元本と基準価額の違いを理解しておく。基準価額は投資信託の現在価値で、個別元本は購入日の基準価額である。基準価額は値動きで変動するが、個別元本は複数回購入したときに変動する。本設では複数回に分けて購入していないため、個別元本は変わらず10,000円となる。


2級FP過去問解説(資産設計)2018年9月【問38】収益分配金

【第10問】下記の(問34)~(問40)について解答しなさい。


<設例>
北山俊和さんは国内の上場企業であるTA株式会社に勤務していたが、勤務先が募集した希望退職に応じて2018年7月に退職し、現在は無職である。そこで、今後の生活のことなどに関して、FPで税理士でもある志田さんに相談をした。なお、下記のデータは2018年9月1日現在のものである。
I.家族構成(同居家族)

Ⅱ.北山家の親族関係図

Ⅲ.北山家(俊和さんと恵子さん)の財産の状況

[資料2:負債残高]
住宅ローン:630万円(債務者は俊和さん。団体信用生命保険付き)
自動車ローン:60万円(債務者は俊和さん)

注1:解約返戻金相当額は、現時点(2018年9月1日)で解約した場合の金額である。
注2:すべての契約について、保険契約者が保険料を全額負担している。
注3:契約者配当および契約者貸付については考慮しないこと。
Ⅳ.その他
上記以外の情報については、各設問において特に指示のない限り一切考慮しないこと。


問38

俊和さんが保有する国内公募株式投資信託から受け取った収益分配金の明細は、下記<資料>のとおりである。次の記述のうち、俊和さんが受け取った収益分配金の金額(所得税および住民税を控除した後の金額)として、正しいものはどれか。なお、復興特別所得税については考慮しないこと。

<資料:収益分配金の明細>

保有口数:4,000,000口
普通分配金:10,000口当たり50円
普通分配金に係る所得税額:***円
普通分配金に係る住民税額:1,000円

(注)問題作成の都合上、一部を***としている。

  1.  15,000円
  2.  16,000円
  3.  17,000円
  4.  20,000円

[正解]  (適切)

[解説]

(求め方1)普通分配金から解く方法
・普通分配金は10,000口当たり50円なので、
 50円×4,000,000/10,000=20,000円
・所得税及び住民税は20%なので、
 20,000円×0.8=16,000円
(求め方2)住民税額から解く方法
・住民税は5%なので、
 1,000÷0.05=20,000円
・所得税及び住民税は20%なので、
 20,000円×0.8=16,000円


2級FP過去問解説(資産設計)2018年5月【問3】収益分配金

問3

氷室さんは、保有しているPX投資信託(追加型国内公募株式投資信託)の収益分配金を2018年3月に受け取った。PX投資信託の運用状況が下記<資料>のとおりである場合、収益分配後の個別元本として、正しいものはどれか。

<資料>

[氷室さんが保有するPX投資信託の収益分配金受取時の運用状況]
・ 収益分配前の個別元本:14,680円
・ 収益分配前の基準価額:14,830円
・ 収益分配金:700円
・ 収益分配後の基準価額:14,130円

  1. 14,830円
  2. 14,680円
  3. 14,280円
  4. 14,130円

[正解]  (適切)

[解説]

収益分配金は700円で、普通分配金と元本の払戻金である特別分配金の額を求める。
「収益分配前の個別元本」は、購入時の基準価額なので、
14,680円→14,830円→14,130円 と基準価額が変動したことになる。
基準価額は、購入時から収益分配後まで14,680円→14,130円に減少しているので、550円が特別分配金、150円が普通分配金となる。
特別収益金である550円が元本から減らされているので、
14,680円ー 550円=14,130円・・・収益分配後の個別元本
となる。


2級FP過去問解説(資産設計)2018年1月【問6】収益分配金

問6

三上さんはHE投資信託を新規募集時に購入し、特定口座で保有して収益分配金を受け取っている。下記<資料>に基づき、三上さんが保有するHE投資信託に関する次の記述の空欄(ア)、(イ)にあてはまる語句の組み合わせとして、正しいものはどれか。

<資料>

[HE投資信託の商品概要(新規募集時)]
 投資信託の分類:追加型投信/海外/債券
     (Aコース/為替ヘッジあり Bコース/為替ヘッジなし)
 購入時手数料(税込み):購入金額に対し、一律2.16%
 運用管理費用(信託報酬)(税込み):純資産総額に対し年1.512%
[三上さんが保有するHE投資信託の当期分収益分配金受取時の状況]
 収益分配前の個別元本:10,000円
 収益分配前の基準価額:13,000円
 収益分配金     :1,500円
 収益分配後の基準価額:11,500円

・三上さんは、為替変動についても収益性を期待したので、( ア )の投資信託を購入した。
・<資料>の収益分配時に、三上さんに支払われた収益分配金は、その全額が( イ )である。

  1. (ア)Aコース (イ)普通分配金
  2. (ア)Aコース (イ)元本払戻金(特別分配金)
  3. (ア)Bコース (イ)普通分配金
  4. (ア)Bコース (イ)元本払戻金(特別分配金)

[正解]  (適切)

[解説]

AコースとBコースの違いは為替ヘッジの有無である。為替ヘッジなしだと、為替変動の影響を受け、分配金受け取り時に円安になれば為替益を得られる。よって、三上さんはBコースを選択する。
個別元本(購入時基準価額)が10,000円から収益分配前には13,000円に値上がりし、1,500円分配されているため、すべて普通分配金となる。なお、たとえば値上がり3,000円に対し、分配金が4,000円であれば、収益分配後の基準価額が購入時の基準価額より下がり、元本の一部である1,000円が特別分配金となる。


2級FP過去問解説(資産設計)2017年5月【問5】収益分配金

問5

加瀬さんはKZ投資信託を新規募集時に500万口購入し、特定口座で保有して収益分配金を受け取っている。下記<資料>に基づき、加瀬さんが保有するKZ投資信託に関する次の記述の空欄(ア)、(イ)にあてはまる語句の組み合わせとして、正しいものはどれか。

  1. (ア)108,000円 (イ)配当所得
  2. (ア)108,000円 (イ)利子所得
  3. (ア)162,000円 (イ)配当所得
  4. (ア)162,000円 (イ)利子所得

[正解]  (適切)

[解説]

(ア) 1口1円なので、購入金額は500万円
   500万円×3.24%=16.2万円・・・購入手数料
(イ) 収益分配金は、公社債投資信託なら利子所得、株式投資信託なら配当所得となる。