外貨建て金融商品

2級FP/2021年5月(資産設計)

2級FP過去問解説(資産設計)2021年5月【問5】外貨建て金融商品

問5 下記<資料>の外貨定期預金について、満期時の外貨ベースの元利合計額を円転した金額を計算しなさい。なお、計算結果(円転した金額)について円未満の端数が生じる場合は切り捨てること。また、解答に当たっては、解答用紙に記載さ...
2級FP/2021年1月(資産設計)

2級FP過去問解説(資産設計)2021年1月【問5】

問5  下記<資料>に関する次の記述の空欄(ア)、(イ)にあてはまる語句の組み合わせとして、正しいものはどれか。 <資料> [販売用資料] TA株式会社 2024年1月25日満期 米ドル建て社債 ...
2級FP/2020年1月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2020年1月【問題26】

問題26 一般的な外貨預金の仕組みと特徴に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 外貨預金の払戻し時において、預金者が外貨を円貨に換える場合に適用される為替レートは、預入金融機関が提示するTTBである...
2級FP/2019年1月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2019年1月【問題26】外貨建て金融商品

問題 26 個人(居住者)が国内の金融機関等を通じて行う外貨建て金融商品の取引等に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 国外の証券取引所に上場している外国株式を国内店頭取引により売買するためには、あらかじめ外国...
2級FP/2018年5月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2018年5月【問題26】外貨建て金融商品

問題 26 個人(居住者)が国内の金融機関等を通じて行う外貨建て金融商品の取引等に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。 国外の証券取引所に上場している外国株式を、国内店頭取引により売買する場合には、外国証券取引口...
2級FP/2018年1月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2018年1月【問題26】外貨建て金融商品

問題 26 個人(居住者)が国内の金融機関を通じて行う外貨建て金融商品の取引等に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。 ユーロ建て債券を保有している場合、ユーロに対する円の為替レートが円安に変動することは、当該債券...
2級FP/2016年9月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2016年9月【問題26】外貨建て金融商品

問題 26 個人(居住者)が国内の金融機関を通じて行う外貨建て金融商品の取引等に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ユーロ建て債券を保有している場合、ユーロと円の為替レートが円安に変動することは、当該債券に係る円...
2級FP/2014年9月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2014年9月【問題27】外貨建て金融商品

問題27 外貨建て金融商品の取引に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。 外貨建て金融商品の取引にかかる為替手数料は、取扱金融機関による違いはなく、外国通貨の種類ごとに一律で決められている。 外...
2級FP/2015年1月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2015年1月【問題26】外貨建て金融商品

個人が国内の金融機関を通じて行う外貨建て金融商品の取引等に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 1 外貨建てMMFを購入する際には、購入時手数料および為替手数料を支払う必要がある。 2 ニューヨーク証...
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました