建築基準法

要点のまとめ

5-2. 不動産に関する法令①(不動産)

目次 建築基準法 宅地建物取引業法 改正情報 1 建築基準法 1. 道路に関する制限 42条2項道路 ・建築基準法施行時、現に建築物が建ち並んでいる幅員4m未満の道で、特定行政庁の指定したものは、...
2級FP/2021年1月(資産設計)

2級FP過去問解説(資産設計)2021年1月【問9】

問9  建築基準法に従い、下記<資料>の土地に建築物を建てる場合の延べ面積(床面積の合計)の最高限度として正しいものはどれか。なお、記載のない条件は一切考慮しないこととする。 486㎥ 540㎥ ...
2級FP/2020年9月(資産設計)

2級FP過去問解説(資産設計)2020年9月【問9】

問9  建築基準法に従い、下記<資料>の土地に耐火建築物を建てる場合、建築面積の最高限度(ア)と延べ面積(床面積の合計)の最高限度(イ)の組み合わせとして、正しいものはどれか。なお、<資料>に記載のない条件については一切考...
2級FP/2021年1月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2021年1月【問題46】

問題46 都市計画区域および準都市計画区域内における建築基準法の規定に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 建築物の敷地は、原則として、建築基準法に規定する道路に2m以上接していなければならない。 ...
2級FP/2020年9月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2020年9月【問題46】

問題46 都市計画区域および準都市計画区域内における建築基準法の規定に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 建築物の高さに係る隣地斜線制限は、第一種低層住居専用地域、第二種低層住居専用地域および...
2級FP/2020年1月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2020年1月【問題45】

問題45 建築基準法に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。 建築基準法第42条第2項により道路境界線とみなされる線と道路との間の敷地部分(セットバック部分)は、建築物を建築することができないが、建蔽率...
2級FP/2021年1月(個人資産)

2級FP過去問解説(個人資産)2021年1月 《問10》

【第4問】 次の設例に基づいて、下記の各問(《問10》~《問12》)に答えなさい。 設例  Aさん(55歳)は、自動車メーカーに勤務する会社員である。2020年10...
2級FP/2020年9月(個人資産)

2級FP過去問解説(個人資産)2020年9月 《問10》建築基準法

【第4問】 次の設例に基づいて、下記の各問(《問10》~《問12》)に答えなさい。 設例  Aさん(62歳)は、5年前に父親の相続により取得した甲土地および乙土地を...
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました