2級FP過去問解説(学科)2019年9月【問題12】生命保険の一般的な商品性

問題12

生命保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、記載のない特約については考慮しないものとする。

  1. 外貨建て終身保険は、契約時に円換算支払特約を付加すれば、契約時の為替相場で円換算した死亡保険金を受け取ることができる。
  2. 養老保険は、保険金の支払事由に該当せずに保険期間満了となった場合、死亡・高度障害保険金と同額の満期保険金を受け取ることができる。
  3. 低解約返戻金型終身保険を保険料払込期間中に中途解約した場合の解約返戻金は、支払保険料以外の契約条件が同じで低解約返戻金型ではない終身保険の解約返戻金よりも少ない金額になる。
  4. 収入保障保険の死亡保険金を一時金で受け取る場合の受取額は、年金形式で受け取る場合の受取総額よりも少なくなる。

[正解]  (不適切)

  1. 外貨建て終身保険は、契約時に円換算支払特約を付加すれば、契約時の為替相場で円換算した死亡保険金を受け取ることができる。
  2. [解説]
    不適切である。円換算支払特約は、保険金受取時に円で受け取れる特約である。本肢の解説にある、「契約時の為替相場で円換算した死亡保険金を受け取ることができる」為替予約のような特約ではない。

  3. 養老保険は、保険金の支払事由に該当せずに保険期間満了となった場合、死亡・高度障害保険金と同額の満期保険金を受け取ることができる。
  4. [解説]
    適切である。養老保険は、保険金の支払事由に該当せずに保険期間満了となった場合、死亡・高度障害保険金と同額の満期保険金を受け取ることができる保険である。保険期間中に死亡したり、所定の高度障害に該当したりすれば死亡保険金が支払われる。

  5. 低解約返戻金型終身保険を保険料払込期間中に中途解約した場合の解約返戻金は、支払保険料以外の契約条件が同じで低解約返戻金型ではない終身保険の解約返戻金よりも少ない金額になる。
  6. [解説]
    適切である。低解約返戻金型終身保険を保険料払込期間中に中途解約した場合の解約返戻金は、支払保険料以外の契約条件が同じで低解約返戻金型ではない終身保険の解約返戻金よりも少ない金額になる。低解約返戻金型は、保険料払込期間中の解約返戻金が普通の終身保険よりも70%程度におさえられている代わりに、保険料が割安になっている。

  7. 収入保障保険の死亡保険金を一時金で受け取る場合の受取額は、年金形式で受け取る場合の受取総額よりも少なくなる。
  8. [解説]
    適切である。収入保障保険の死亡保険金を一時金で受け取る場合の受取額は、年金形式で受け取る場合の受取総額よりも少なくなる。収入保障保険は定期保険の一種で、掛捨タイプの死亡保障である。年金形式で受け取れる保険だが、一時金で受け取ることもできる。


2級FP過去問解説(学科)2019年5月【問題13】生命保険の一般的な商品性

問題13

生命保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 養老保険は、被保険者に高度障害保険金が支払われた場合でも、その被保険者が保険期間満了まで生存したときには満期保険金が支払われる。
  2. 一時払終身保険は、契約後一定期間内に解約した場合、解約返戻金額が一時払保険料相当額を下回ることがある。
  3. 外貨建て個人年金保険の年金を円貨で受け取る場合、外貨と円貨の為替レートの変動によっては、年金受取総額が払込保険料相当額を下回ることがある。
  4. 収入保障保険は、死亡保険金が年金形式で支払われるが、一括支払いの請求をして一時金で受け取ることもできる。

[正解]  (不適切)

  1. 養老保険は、被保険者に高度障害保険金が支払われた場合でも、その被保険者が保険期間満了まで生存したときには満期保険金が支払われる。
  2. [解説]
    養老保険は、生死混合保険で、死亡や高度障害時に死亡保険金・高度障害保険金が支払われ、いずれにも該当しない場合で満期まで生存すれば満期保険金が支払われる。高度障害に該当し保険金が支払われた時点で保険契約は解消される。

  3. 一時払終身保険は、契約後一定期間内に解約した場合、解約返戻金額が一時払保険料相当額を下回ることがある。
  4. [解説]
    一時払終身保険は、契約時に一括で保険料全額を支払う保険である。月払いなどと比較すれば解約返戻金は早めに支払った保険料以上に戻ってくるが、早期に解約してしまうと一時払保険料相当額を下回ることがある。

  5. 外貨建て個人年金保険の年金を円貨で受け取る場合、外貨と円貨の為替レートの変動によっては、年金受取総額が払込保険料相当額を下回ることがある。
  6. [解説]
    外貨建て個人年金保険に限らず、外貨建ての商品は、外貨から円貨にする際に、円高になっていると円ベースの受取額は減るため、状況によっては年金受取総額が払込保険料相当額を下回ることがある。

  7. 収入保障保険は、死亡保険金が年金形式で支払われるが、一括支払いの請求をして一時金で受け取ることもできる。
  8. [解説]
    収入保障保険は死亡保険だが、定期保険や終身保険と異なり、年金形式で支払われるのが特徴となるが、一時金で受け取ることもできる。一時金で受け取る場合、年金形式で受け取った場合の総額より少なくなる。


2級FP過去問解説(学科)2019年5月【問題12】生命保険の一般的な商品性

問題12

死亡保障を目的とする生命保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、特約については考慮しないものとする。

  1. 逓減定期保険は、保険期間の経過に伴い所定の割合で保険料が逓減するが、保険金額は一定である。
  2. 特定疾病保障定期保険は、被保険者がガン、急性心筋梗塞、脳卒中以外で死亡した場合には、死亡保険金は支払われない。
  3. 終身保険の保険料は、被保険者の年齢、死亡保険金額、保険料払込期間など契約内容が同一の場合、一般に、被保険者が女性である方が男性であるよりも高くなる。
  4. 変額保険(終身型)は、一般に、契約時に定めた保険金額(基本保険金額)が保証されている。

[正解]  (適切)

  1. 逓減定期保険は、保険期間の経過に伴い所定の割合で保険料が逓減するが、保険金額は一定である。
  2. [解説]
    逓減定期保険は、保険満期に向かって保険金額が徐々に減少するが、保険料は一定である。

  3. 特定疾病保障定期保険は、被保険者がガン、急性心筋梗塞、脳卒中以外で死亡した場合には、死亡保険金は支払われない。
  4. [解説]
    特定疾病保障定期保険は三大疾病保障定期保険とも呼ばれ、ガン、急性心筋梗塞、脳卒中で所定の状態になった場合に「生前」に保険金が受け取れ、死亡時には死因に関わらず死亡保険金が支払われる(すでに生前に受け取っていた場合には受け取れない)。

  5. 終身保険の保険料は、被保険者の年齢、死亡保険金額、保険料払込期間など契約内容が同一の場合、一般に、被保険者が女性である方が男性であるよりも高くなる。
  6. [解説]
    終身保険は、死亡保険で一生保障される。寿命が短いほど保険会社は死亡保険金を支払う可能性が高くなるため、平均寿命が女性より短い男性の方が保険料は高くなる。

  7. 変額保険(終身型)は、一般に、契約時に定めた保険金額(基本保険金額)が保証されている。
  8. [解説]
    変額保険は運用実績により解約返戻金や保険金額が変動する保険だが、保険金額については最低保証が設定されているのが一般的である。解約返戻金には最低保証はなく、また保険金額は最低保証はあるが上限は決められていない。

2級FP過去問解説(学科)2019年1月【問題11】

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 11
生命保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、記載のない特約については考慮しないものとする。

  1. 終身保険は、死亡保障が一生涯続き、保険期間の経過とともに解約返戻金が増加する。

    [解答解説] ○
    適切である。終身保険の保障内容は、契約を継続する限り、一生涯、死亡保障(と所定の高度障害保障)が続く。また貯蓄性の高い商品でもあり、保険期間が長くなるにつれ解約返戻金が増加する。保険期間が短くない限り、保険料支払い期間終了後に、支払った保険料より解約返戻金の方が多くなるのが一般的である。

  2. 養老保険は、保険金の支払事由に該当せずに保険期間満了となった場合、死亡保険金と同額の満期保険金を受け取ることができる。

    [解答解説] ○
    適切である。養老保険は、保険期間中に死亡したら死亡保険金が、死亡せず満期を迎えたら満期保険金を受け取ることができる保険である。

  3. 外貨建て終身保険は、円換算支払特約を付加することにより、契約時の円建ての死亡保険金額が死亡保険金受取時にも円貨で保証される。

    [解答解説] ×
    不適切である。円換算支払特約は、保険金を円建てで受け取るための特約で、死亡保険金受取時の為替レートによって死亡保険金の額は変動する。具体的には、死亡保険金額が100,000米ドルであれば、為替レートに関係なく、100,000米ドルだが、これを円転する際には、当然、為替レートの影響を受ける。

  4. 収入保障保険の死亡保険金を年金形式で受け取る場合の受取総額は、一時金で受け取る場合の受取額よりも多くなる。

    [解答解説] ◯
    適切である。収入保障保険は、定期保険の一種で、保障金額が年々減少する保険である。受け取れる死亡保険金は年金形式で受け取るのが基本だが、一括で受け取ることもできる。ただその場合、受け取れる総額は年金形式で受け取る場合に比べ少なくなる。

解答解説[表示]

2級FP過去問解説(学科)2018年1月【問題12】

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 12
生命保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、記載のない特約については考慮しないものとする。

  1. 無選択型終身保険は、加入に当たって健康状態について告知や医師の診査を必要としないが、保険料については、支払保険料以外の契約条件が同じで告知や診査を必要とする終身保険と比べて割高となる。

    [解答解説] ○
    適切である。無選択型は医師の診査だけでなく告知も不要であるため、保険料は割高となる。

  2. 低解約返戻金型終身保険は、保険料払込期間満了後に解約をした場合の解約返戻金の額については、支払保険料以外の契約条件が同じで低解約返戻金型ではない終身保険と同程度である。

    [解答解説] ○
    適切である。低解約返戻金型終身保険は、保険料払込期間中の解約返戻金は一般的な終身保険と比べて7割程度と少ないが、保険料払込期間満了後は同等となる。保険料払込期間中の解約返戻金をおさえることで保険料を安くしている商品である。

  3. 定期保険特約付終身保険(更新型)は、定期保険特約部分の更新の際には健康状態についての告知や医師の診査が必要であり、健康状態によっては更新できない。

    [解答解説] ×
    不適切である。定期保険特約部分の更新の際は、健康状態にかかわらず更新できる。なお、更新時にその時の年齢に応じて保険料も変更される(高くなる)。

  4. 収入保障保険は、死亡保険金が年金形式で支払われるが、一括支払いの請求をして年金現価を一時金で受け取ることもできる。

    [解答解説] ○
    適切である。収入保障保険は、定期保険の一種で、満期に近づくほど保険金は減額されるが、その分、定期保険と比べ保険料は安くなっている。また年金形式で受け取れるのも特徴だが、一括での受け取りも可能である。ただ年金形式の総額よりも先に受け取る分、減額される。

解答解説[表示]

2級FP過去問解説(学科)2016年5月【問題13】生命保険の一般的な商品性

問題13

生命保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、特約は考慮しないものとする。

  1. 養老保険の満期保険金は、死亡保険金、高度障害保険金と同額である。
  2. 終身保険の保険料の払込方法には、有期払込、終身払込、一時払いがある。
  3. 収入保障保険(定額型)では、保険金を一時金で受け取る場合の金額は、年金形式で受け取る場合の受取総額よりも少なくなる。
  4. こども保険は、被保険者である子が死亡した場合だけでなく、契約者が死亡した場合でも死亡給付金を受け取ることができる。

[正解]  (不適切)

  1. 養老保険の満期保険金は、死亡保険金、高度障害保険金と同額である。
  2. [解説]
    満期保険金と死亡保険金(高度障害保険金)は同額である。

  3. 終身保険の保険料の払込方法には、有期払込、終身払込、一時払いがある。
  4. [解説]
    有期払込とは、例えば払込満了を65歳までにして、それ以降は払わず、保障だけ得ることができる。

  5. 収入保障保険(定額型)では、保険金を一時金で受け取る場合の金額は、年金形式で受け取る場合の受取総額よりも少なくなる。
  6. [解説]
    年金形式で受け取れば、まだ受け取っていない分を保険会社が運用しているため、受取総額が一時金で受け取るよりも増える。

  7. こども保険は、被保険者である子が死亡した場合だけでなく、契約者が死亡した場合でも死亡給付金を受け取ることができる。
  8. [解説]
    契約者が死亡した場合は、保険料支払い相当額を受け取ることができる。