相続・遺言・贈与の基礎知識

2級FP/2021年1月(資産設計)

2級FP過去問解説(資産設計)2021年1月【問19】

問19  下記の<親族関係図>の場合において、民法の規定に基づく法定相続分に関する次の記述の空欄(ア)~(ウ)に入る適切な語句または数値を語群の中から選び、解答欄に記入しなさい。なお、同じ語句または数値を何度選んでもよいこ...
2級FP/2020年9月(資産設計)

2級FP過去問解説(資産設計)2020年9月【問19】

問19  木内さんは、父の相続が開始した後の手続き等について、FPで税理士でもある高倉さんに質問をした。下記の空欄(ア)~(ウ)に入る適切な語句を語群の中から選び、その番号のみを解答欄に記入しなさい。 木内...
2級FP/2021年1月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2021年1月【問題60】

問題60 民法に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。 配偶者居住権とは、被相続人の配偶者が相続開始時に居住していた被相続人所有の建物について、配偶者があらかじめ期限を定めて無償で使用、収益することがで...
2級FP/2021年1月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2021年1月【問題54】

問題54 遺産分割協議書に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、記載のない事項については考慮しないものとする。 被相続人が作成した遺言がなく、共同相続された預貯金は、相続開始と同時に当然に法...
2級FP/2021年1月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2021年1月【問題51】

問題51 贈与に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。 民法上、贈与は、当事者の一方が自己の財産を無償で相手方に与える意思表示をすることにより効力が生じ、相手方が受諾する必要はない。 民法上、書...
2級FP/2020年9月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2020年9月【問題54】

問題54 民法上の遺言に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 遺言は、未成年者であっても、満15歳以上の者で、かつ、遺言をする時にその能力があれば、法定代理人の同意を得ることなく単独ですることができ...
2級FP/2020年9月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2020年9月【問題53】

問題53 民法上の相続人および相続分に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 相続人が被相続人の配偶者および母の合計2人である場合、配偶者の法定相続分は3分の2、母の法定相続分は3分の1である。 ...
2級FP/2020年9月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2020年9月【問題51】

問題51 贈与に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 贈与は、当事者の一方が自己の財産を無償で相手方に与える意思を表示し、相手方が受諾をすることによって、その効力を生ずる。 定期の給付を目的とす...
2級FP/2020年1月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2020年1月【問題60】

問題60 民法上の遺言に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 自筆証書遺言の内容を変更する場合には、遺言者が変更箇所を指示し、これを変更した旨を付記したうえでこれに署名し、かつ、その変更箇所に押...
2級FP/2020年1月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2020年1月【問題56】

問題56 遺産分割に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。 共同相続された預貯金は遺産分割の対象となり、相続開始と同時に当然に法定相続分に応じて分割されるものではない。 代償分割は、現物分割を困...
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました