相続財産の評価

2級FP/2021年5月(資産設計)

2級FP過去問解説(資産設計)2021年5月【問22】相続財産の評価

問22 相続税における「小規模宅地等の評価減の特例」に関する下表の空欄(ア)~(ウ)にあてはまる数値の組み合わせとして、正しいものはどれか。 1.(ア)500 (イ)240 (ウ)40 2.(ア...
2級FP/2021年5月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2021年5月【問題57】相続財産の評価

問題57 小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例に関する次の空欄(ア)~(エ)にあてはまる語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。なお、宅地等の適用面積の調整は考慮しないものとする。 ...
2級FP/2021年5月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2021年5月【問題56】相続財産の評価

問題56 相続税における家屋等の評価に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 貸家の価額は、「自用家屋としての価額×借家権割合×賃貸割合」の算式により計算した金額により評価する。 借家権は、こ...
2級FP/2021年5月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2021年5月【問題55】相続財産の評価

問題55 普通住宅地区に所在している下記<資料>の宅地の相続税評価額(自用地評価額)として、最も適切なものはどれか。なお、記載のない事項については考慮しないものとする。 19,845千円 20,30...
2級FP/2021年1月(資産設計)

2級FP過去問解説(資産設計)2021年1月【問22】

問22  下記<資料>の自宅の敷地(自用地)について、路線価方式による相続税評価額を計算しなさい。なお、解答に当たっては、解答用紙に記載されている単位に従うこと。 解答解説 ...
2級FP/2021年1月(資産設計)

2級FP過去問解説(資産設計)2021年1月【問21】

問21  相続税における「小規模宅地等の評価減の特例」に関する下表の空欄(ア)~(ウ)に入る正しい数値を語群の中から選び、その数値を解答欄に記入しなさい。なお、同じ数値を何度選んでもよいこととする。 ...
2級FP/2020年9月(資産設計)

2級FP過去問解説(資産設計)2020年9月【問20】

問20  相続税における「小規模宅地等の評価減の特例」に関する下表の空欄(ア)~(ウ)にあてはまる数値の組み合わせとして、正しいものはどれか。 宅地等の区分 適用限度面積 減額...
2級FP/2021年1月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2021年1月【問題57】

問題57 宅地および宅地の上に存する権利に係る相続税における評価に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、評価の対象となる宅地は、借地権の取引慣行のある地域にあるものとする。また、宅地の上に存する権利は、定期...
2級FP/2021年1月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2021年1月【問題56】

問題56 相続税における宅地の評価に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。 宅地の価額は、その宅地が登記上は2筆の宅地であっても一体として利用している場合は、その2筆の宅地全体を1画地として評価する。 ...
2級FP/2021年1月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2021年1月【問題55】

問題55 各種金融資産等の相続税評価に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 外貨預金の邦貨換算については、原則として、取引金融機関が公表する課税時期における最終の対顧客直物電信買相場(TTB)または...
error:Content is protected !!