税制・所得税の基礎知識

2級FP/2021年9月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2021年9月【問題33】所得の種類総合

問題33 所得税における各種所得に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 賃貸用土地および建物の取得者が、当該土地および建物を取得した際に支出した仲介手数料は、その支払った年分の不動産所得の金額の...
2級FP/2021年9月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2021年9月【問題32】税制・所得税の基礎知識

問題32 所得税の納税義務者に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。 非永住者とは、居住者のうち日本国籍がなく、かつ、過去10年以内の間に日本国内に住所または居所を有していた期間の合計が5年以下であ...
2級FP/2021年9月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2021年9月【問題31】税制・所得税の基礎知識

問題31 わが国の税制に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。 所得税は、国や地方公共団体の会計年度と同様、毎年4月1日から翌年3月31日までの期間を単位として課される。 贈与税では、納税者が自...
2級FP/2021年1月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2021年1月【問題31】税制・所得税の基礎知識

問題31 所得税の基本的な仕組みに関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。 所得税の納税義務者は、日本国籍を有する個人および国内に本社・本店を有する法人のみである。 所得税は、納税者に住所地のほか、居...
2級FP/2020年9月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2020年9月【問題31】税制・所得税の基礎知識

問題31 次のうち、所得税における非課税所得に該当するものはどれか。 個人が券面額を下回る価額で購入した利付国債の償還差益 年金受給者が受け取った老齢基礎年金 賃貸不動産の賃貸人である個人が賃借人か...
2級FP/2020年1月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2020年1月【問題31】税制・所得税の基礎知識

問題31 所得税の原則的な仕組みに関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。 所得税は、納税者が申告をした後に、税務署長が所得や納付すべき税額を決定する賦課課税方式を採用している。 所得税法では、所...
2級FP/2019年9月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2019年9月【問題33】税制・所得税の基礎知識

問題33 所得税の各種所得に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 定年退職時に退職手当として一時金を受け取ったことによる所得は、退職所得となる。 個人事業主が事業資金で購入した株式の配当金を...
2級FP/2019年9月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2019年9月【問題31】税制・所得税の基礎知識

問題31 わが国の税制に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 所得税では、課税対象となる所得を10種類に区分し、それぞれの所得の種類ごとに定められた計算方法により所得の金額を計算する。 相続...
2級FP/2019年5月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2019年5月【問題31】税制・所得税の基礎知識

問題31 所得税の原則的な仕組みに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 所得税では、納税者本人が自主的に所得の金額とこれに対応する税額を計算し、申告・納付する申告納税方式を採用している。 所...
2級FP/2018年5月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2018年5月【問題31】税制・所得税の基礎知識

問題 31 所得税の仕組みに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 所得税は、原則として、個人が1月1日から12月31日までに得た所得に対して課される。 [解答解説] ○ 適切である。所得税の課税期間は、1月...
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました