経済と金融市場

2級FP/2021年5月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2021年5月【問題21】経済と金融市場

問題21 景気動向指数に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 景気動向指数は、景気の現状把握および将来予測に資するために作成された指標であり、コンポジット・インデックス(CI)とディフュージョン...
2級FP/2021年1月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2021年1月【問題21】経済と金融市場

問題21 わが国のGDP(国内総生産)に関する次の記述の空欄(ア)~(エ)にあてはまる語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。 内閣府が2020年9月に公表した2019年(暦年・2次速報)の名目GDP...
2級FP/2020年9月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2020年9月【問題21】経済と金融市場

問題21 内閣府が公表する景気動向指数に採用されている経済指標に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。 消費者物価指数は、全国の世帯が購入する家計に係る財およびサービスの価格等を総合した物価の変動を...
2級FP/2020年1月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2020年1月【問題21】経済と金融市場

問題21 経済指標に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 景気動向指数は、生産、雇用などさまざまな経済活動での重要かつ景気に敏感に反応する指標の動きを統合することによって作成された指標であり、コンポ...
2級FP/2019年9月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2019年9月【問題21】経済と金融市場

問題21 日本円・米ドル間の為替相場の変動要因等に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 購買力平価説によれば、米国と日本に同じ財があり、その財を米国では2米ドル、日本では220円で買える場合、為...
2級FP/2019年1月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2019年1月【問題21】経済と金融市場

問題21 全国企業短期経済観測調査(日銀短観)に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。 調査の対象となる企業の業種は、製造業に限られ、非製造業は含まれない。 調査は毎月実施され、翌月に調査結果が...
2級FP/2018年9月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2018年9月【問題21】経済と金融市場

問題21 経済指標に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 国内総生産(支出側)の構成項目のうち、民間最終消費支出は、最も高い構成比を占めている。 全国企業短期経済観測調査(日銀短観)は、全国...
2級FP/2018年1月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2018年1月【問題21】経済と金融市場

問題21 経済指標に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 国内総生産(GDP)は、国内で一定期間内に生産された財やサービスの付加価値と海外からの所得の純受取りの合計額である。 景気動向指数は...
2級FP/2017年9月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2017年9月【問題21】経済と金融市場

問題21 日本円・米ドル間の為替相場の変動要因に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。 米国の金利が上昇し日本との金利差の拡大が予想されるとき、一般に、円高傾向となる。 米国の景気が日本と比較し...
2級FP/2017年5月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2017年5月【問題21】経済と金融市場

問題21 国内の景気や物価の動向を示す各種指標等に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 支出面からみた国内総生産(GDP)の項目のうち、民間最終消費支出が最も高い構成比を占めている。 国内総...
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました