金融派生商品等

2級FP/2021年9月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2021年9月【問題27】金融派生商品等

問題27 金融派生商品に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 現物と反対のポジションの先物を保有することなどにより、価格変動リスク等を回避または軽減することを狙う取引を、ヘッジ取引という。 ...
2級FP/2021年5月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2021年5月【問題26】金融派生商品

問題26 金融派生商品の取引の一般的な仕組みや特徴等に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 オプション取引において、コール・オプションは「原資産を買う権利」であり、プット・オプションは「原資産を...
2級FP/2020年9月(資産設計)

2級FP過去問解説(資産設計)2020年9月【問6】

問6  金投資に関する次の記述の空欄(ア)、(イ)にあてはまる語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。なお、金の取引は継続的な売買でないものとする。 ・個人が金地金を売却した場合の所得については、保...
2級FP/2020年9月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2020年9月【問題26】

問題26 金融派生商品に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 元本を交換せずに将来にわたって金利のみを交換する通貨スワップを、クーポンスワップという。 将来、現物を取得しようとしている者が先物取...
2級FP/2019年5月(学科)

2級FP過去問解説(学科)2019年5月【問題26】金融派生商品等

問題26 わが国における個人によるデリバティブ取引等に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 外国為替証拠金取引では、証拠金にあらかじめ決められた倍率を乗じた金額まで売買できるが、倍率の上限は法令...
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました